スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラジアントヒストリア

死亡フラグをへし折るRPG


ラジアントヒストリアラジアントヒストリア
(2010/11/03)
Nintendo DS

商品詳細を見る



時間移動能力手に入れた主人公が、歴史を正しい方向へと導く形式のRPG。
過去への移動や、パラレルワールドへの移動という点では、クロノ・トリガーやクロノ・クロスのような印象を受けました。


基本的な内容は、剣と魔法のファンタジー。砂漠化が進む大陸を舞台に、国家が土地の奪い合い戦争。
その戦争によっては、味方が死んだり、国が滅んだりするので、過去に戻ってその点を是正しながら世界を導いていくちょっと変わった形式です。
過去に戻って忠告→未来での歴史が変わってる! という流れがクロノ・トリガーっぽく、片方の世界で手に入らない特殊なアイテムを、もう片方の世界で入手し持ち帰る、という流れがクロノ・クロスっぽい。
しかし、それらを感じ取ったのは、最初だけで物語にのめり込み始めると一切気にならないくらいにストーリー展開が魅力的でした。いや、ほんとにセーブするタイミングが見つからないぐらいに夢中になったRPGです。


戦闘に関しても、3×3のマスに敵が配置されるのですが、敵を移動させて一まとめにして攻撃したり、無理やり移動させることでトラップに押し込んだりとパズルのようなシステムで、ザコ戦でも楽しいです。
また、行動の順番を敵や味方と入れ替えることで、攻撃の順番などを制御できるため、最少被害で敵を素早く倒すことができるか? ばかり考えながら戦ってた気がします。



難点をあげれば、主人公の足音が異常なほど大きいこと。設定では、彼、情報部で隠密系の仕事やってるはずなんですけどね。
あとは、アイテムをもりもり使わなきゃHPきつかったり、補助や毒が異常に強かったりでしょうか。トラップの威力も過剰すぎた気がします。



話も面白く、戦闘も面白い。そんなRPGは、久しぶりでした。
RPG自体、久しぶりだったんですけどね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

あかしあ

Author:あかしあ
本とか読む人。
あとはゲームやらしてます。

Twitter あかしあ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。