スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤緑黒白

Vシリーズ完結。


赤緑黒白 (講談社文庫)赤緑黒白 (講談社文庫)
(2005/11/15)
森 博嗣

商品詳細を見る



色が名前に入った人間を殺し、その色のスプレィで死体を塗装するという猟奇殺人が発生。
シリアルキラの動機は、その目的は?
今回はハウダニットよりホワイダニットに力が入っていた、というより半ば哲学だった気がする。
ミステリ云々じゃくくれない壮大なテーマ。


キャラクタ的には、紫子ちゃんの心の動きが最終回っぽかったか。
また、林と紅子、祖父江、へっくんの謎も明らかに。最初と最後にはラスボスも顔を出す豪華な面子。


Vシリーズの設定が好きだったので、少し物足りない。もっと読みたい気もする。
次は四季4部作を読む。


しかし、この時代に男の子って凄まじいよな。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

あかしあ

Author:あかしあ
本とか読む人。
あとはゲームやらしてます。

Twitter あかしあ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。