朽ちる散る落ちる

土井超音波研究所の事件はまだ続く。


朽ちる散る落ちる (講談社文庫)朽ちる散る落ちる (講談社文庫)
(2005/07/15)
森 博嗣

商品詳細を見る



捩れ屋敷の利鈍という番外編を挟んでの土井超音波研究所からの派生事件。
封印されてた地下の密室、そのまた奥深くにいた死体。時を同じくして乗組員が全員殺された状態で不時着した宇宙船。2つの密室を巡る森ミステリ。


ユニークな文章と会話はいつもどおり。
宇宙船のトリック? は拍子抜け。
地下室は、練無の仮説と同じものを考えていたが、見事ひっくり返された。途中何度か出てきた「装置」が複線になってんのかな? 最後の最後に今まで気づかなかった「ボタン」が出てくるのはなんか汚いような気がしないでもないが、冒頭で保呂草が断ってるので、まぁ。


以前の練無の短編を読んでないと話についていけないのは難点か。
Vシリーズの短編ならまだしも、短編群の中に紛れているの中の1話なので、読んでない人は読んでないんじゃなかろうか。ちらっとぶるぶる人形の話も出てきた気がする。


あと1冊でVシリーズが終わるのは悲しいが、この勢いで読み進めたい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

あかしあ

Author:あかしあ
本とか読む人。
あとはゲームやらしてます。

Twitter あかしあ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム