スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サクラダリセット3

本を読む時間は働き始めてめっきり減りました。
買う量は増えたので、部屋に読んでない本が積んである状態です。ははは。



サクラダリセット3  MEMORY in CHILDREN (角川スニーカー文庫)サクラダリセット3 MEMORY in CHILDREN (角川スニーカー文庫)
(2010/08/31)
河野 裕

商品詳細を見る


「どうして、君は死んだの?」“記憶保持”の能力をもつ浅井ケイ、“リセット”の春埼美空、そして“未来視”の相麻菫。二年前。夏の気配がただよう、中学校の屋上で、相麻は問いかけた。「私たちの中に、アンドロイドがいると仮定しましょう」夏の終わりに向けて、三人は考え続ける。アンドロイドは誰?最も人間からかけ離れているのは、誰―?二年前死んでしまった少女と、すべての始まりを描く、シリーズ第3弾。



サクラダリセット3の感想です。
今回も時系列がぶんぶん飛びますが、何、気にすることは無い。読みやすい。



ケイと春埼の奇妙な信頼関係、ケイの過去、春埼が感情をなくしてしまった理由など、今までの補完っぽいエピソードが多かった印象。
ケイが春埼の信頼を得るまでの話が、とある親子を巡る事件と重なって、てんやわんやってのが話の大筋でしょうか。
その裏で準備を粛々と続ける相麻、感情を探してみる春埼も見所です。


今回は挿絵も凝ってました。
3人が寝転んでて、1章は相馬が、2章はケイが、3章は春埼がいなくなるという演出。
最後の最後で3人揃う絵が出てくるんですが、ケイと春埼は目を瞑っており、相麻だけ不機嫌そうな顔してる……、今後の3人の関係を暗示してるのでしょうか。ライトノベルらしい表現で素敵。




しかし、そろそろ1巻に出てきた野ノ尾さんにもスポットライトを当てるべきなんじゃあないか?
「そろそろ混ぜろよ」とか言いつつ出てこないものか。無いか。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

あかしあ

Author:あかしあ
本とか読む人。
あとはゲームやらしてます。

Twitter あかしあ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。