スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋文の技術

たよりがあるのは、よいことだ。

恋文の技術 (ポプラ文庫)恋文の技術 (ポプラ文庫)
(2011/04/06)
森見 登美彦

商品詳細を見る



いわゆる書簡体小説。
研究のため、京都から能登半島の研究所に放り込まれた守田一郎が、文通武者修行と称し京都の知り合いに手紙を出し始める。修行を基に手紙一本で乙女を篭絡させる「恋文の技術」を確立し、代筆でベンチャー企業を起こすのが目標。
文通を通して守田一郎が、人生や片思い、おっぱいに悩む物語である。たぶん間違ってない。


1章毎に送り主を替え、守田の手紙のみで構成されている。文通相手の手紙は読めないので、守田の手紙の内容から物語を追わなければならない。内容が分かり辛そうな気もするが、そんなことはまったく無い。むしろ森見氏特有のユーモアある文章、言葉回し、単語があふれ出ていて一文一文が面白い。


手紙の送り先の人物も密接に関係しており、別の文通相手との手紙を読んだ上で事件の全容が分かるようになっている。
章を無視して、手紙の時系列順に読んでも面白いんじゃなかろうか、これ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

あかしあ

Author:あかしあ
本とか読む人。
あとはゲームやらしてます。

Twitter あかしあ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。