ベイマックス

”優しさ”で世界を救えるか?




日米で売り方がだいぶ違ったと話題のベイマックスです。
日本だと、トトロめいたクリーチャーと少年のハートウォーミングストーリー的な宣伝で、そんな話なんだろうなーとか思いながら見たんですが、完全に詐欺られましたね。ロボットだったし、ベイマックス。
いや、そういった内容も多分に含むんですけど、なんというかアメコミ的というか戦隊ものというか。
そう思って調べたら、なるほど原作が超マイナーなマーベルでした。


日本とサンフランシスコが混じったような都市で暮らす少年タダシは、事故で兄を失ってしまう。
そんな彼を守ろうと現れたのは、兄が作成したケアロボット、ベイマックスだった。
このベイマックスがタダシを癒そうと行動した結果、なんやかんやで謎の工場が見つかる。
そこで見た内容を鑑みるに、兄の死は、ひょっとして……?

ここからはもう王道系の物語。タダシの兄の仲間たちも加わり、事件の真相に迫ります。


演出としては、ちょっと未来な感じのテクノロジーとか間違ってそうな日本感が楽しいですね。
バトルシーンも非常にかっこよかったし、町中を飛び回るシーンも夢中になって見入りました。



全体的には、傑作だと思います。ただ、ちょっと真っすぐすぎるかな。
そういう意味では、ズートピアの方が少しひねくれてて好きだった。
んー、でも、子供のころに見たら多分ダントツでベイマックス。少年の大好きが全部詰まってる感じの作品ですもの。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

あかしあ

Author:あかしあ
本とか読む人。
あとはゲームやらしてます。

Twitter あかしあ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム