ズートピア

そこは、動物たちの<楽園>…のはずだった。




動物が高度な文明を起こした世界でのお話。
各動物の特性のため、気候により町が区切られていたり、各動物のためのギミックが町中にあふれていたりで面白い。


そんな世界でズートピア初のうさぎ警察官とキツネの詐欺師が駆け回る。
最悪の出会いをした二人ではあるが、ウサギの警察官がキツネの弱みを握り、無理やりながらも共に連続誘拐事件を追うことになるというバディアクション。
頑張り屋だがちょっと容量の悪いウサギは、キツネに感化されちょっと小賢しく、シリカルめのキツネは頑張るウサギにほだされてちょっと丸くなるというテンプレな二人。少しずつ互いに信頼していく感じはバディアクションの醍醐味ですね。
中盤にキツネがウサギを庇うシーンがあるんですけど、そこがとてもお気に入りです。


主なテーマは、人種差別的な部分でしょうか。人を見た目で判断してはいけません、みたいな。相変わらずの社会派ですね。
あとは、ちょいちょい出てくるディズニーパロディが魔法にかけられてみたいで面白かった。ありのままで!


タイバニとはまた違った感じですが、良いバディアクションです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

あかしあ

Author:あかしあ
本とか読む人。
あとはゲームやらしてます。

Twitter あかしあ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム