スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロニクル

これをYoutubeにアップしても、誰も信じてはくれないだろう。
でも、この映像に映っているのは、僕たちに起きた出来事なんだ。



アンドリューは、ハイスクールに通うナードな男の子。父親は、朝から飲んだくれる酔っ払い、母親は病で床に臥している。
唯一の楽しみは、ビデオカメラで自らの生活を撮影すること。
ある日、従兄であり唯一の友人であるマット、学校の人気者スティーヴと共に謎の鉱物に触れてをサイコキネシス能力を手に入れてしまう。


超能力といっても、最初はボールを使って遊んだり、女の子のスカートをめくったり。マーケットでいたずらしたり、更には少し力を使いすぎて他人を傷つけることもあった。
その後、物だけでなく自らを動かすことを覚え空をも自由に飛び回れるようにもなる。


自分に自信がないアンドリューも、マットやスティーヴとの交流、そして何よりサイコキネシスのおかげで自信を得つつあったが……。




素晴らしい青春映画でした。


前半は、超能力を手に入れた男子高校生の日常。超楽しそう。
自由に空を飛んだり、空でキャッチボールをしたり。その夜も、修学旅行の夜みたいで良い。
そして、中盤から後半の展開も一期に引き込まれる。なんとなくドラゴンボールZっぽいアクションを感じた。


あとは、映像の見せ方も特徴的。
アンドリューがカメラオタクということもあり、常に何らかの映像視点である。最初はアンドリューが手にもって撮影していたが、サイコキネシス取得後は、ファンネルみたいにカメラを遠隔操作するために、不思議な視点からの撮影状況もちょこちょこある。
中盤からはアンドリューの心境や諸般の事情から別の人間がアンドリューのカメラを撮影したり、撮影するカメラ自体が移り変わったりと、とにかく何かしらからの「映像」という形をとる。


前半は、アンドリュー視点が多いため、マットやスティーヴと友達になったかのように感じられるのが良い。感情移入しまくりである。
また、撮影者がずっこけたり、カメラが放り出されたりすると景色がぐるぐる回るのは映像という形式ならではのギミックだ。落下系は臨場感がある。



色々と賛否両論ありそうな内容ではあるが、非常に楽しめた。
10代に、特にスクールカースト下位系に楽しめる、そして得られるものがあると思う。
いじめられっ子の親友になりたい人や、いつかお父さんになる予定の人も見ておいた方がいいかもね。

続編も予定されているらしいのでちょっと楽しみ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

あかしあ

Author:あかしあ
本とか読む人。
あとはゲームやらしてます。

Twitter あかしあ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。