コンテイジョン

恐怖はウイルスより早く感染する。




パンデミックとそれによるパニックを描いた作品。


ある女性の死を境に世界中で頻発し始めた謎の疫病。
致死率は25%であり、何より感染から発病、そして致死までの速度が異常に早い。
そんな病原菌に立ち向かう医療関係者、ウイルスに怯える市民、そして混乱に乗じて稼ごうとする男の群像劇。
ウイルス怖いの半分、そのパニックに乗じて暴動を起こす人間怖いの半分みたいな感じ。



視点的には大きく分けて3つ。医療班、旦那さん、ブロガー。


ウイルスはどこからやって来たかを特定しつつもワクチンを作ろうとする医療班。
自ら危険に晒されつつも、世界各国に飛び回り人々を救おうとする姿が凛々しい。


最初の病死者の旦那とその娘。
映画開始時に妻と子を無くすも自らは病気にかからず生き延びる。その後、旅行かどっかに行ってた娘をウイルスに感染させないため、ひたすらに守り続ける。
彼の場面では、ウイルスの進行と共に町が荒れていく様子が描かれていく。


そして、フリーのブロガー。
ウイルスに乗じて一儲けしたいのか、有名になりたいのか。ネットを利用して、民衆を煽っていく嫌なやつである。



全体的に何となくお洒落さが漂う映画であった。落ちもシニカルでよい。
何かしら起こった時に表に出るのはやはり自分の事。偉かろうが、貧しかろうがあまり変わりはない。
でもまぁ、正しい行いをしていればいつかそれは報われるのかも知れない。それが、傍から見れば愚かな行いだったり、ルールに反しているかもしれないけれどね。逆もまた然りだが、意外とそうとも限らない。


あと、手はきちんと洗おうね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

あかしあ

Author:あかしあ
本とか読む人。
あとはゲームやらしてます。

Twitter あかしあ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム