マスクメン

やってみなけりゃ、わからない



KIMG1675.jpg






ゴーアウト系のゲーム。手番はカードを出すか、パスするか。手札をなくした順に抜けていく。
量子的とでも表現すればいいのか、ゲーム中にカードの強さが決まっていく。
その時の手札を矯めつ眇めつしながら、場の強さを上手に作りあげていかなければならない。

強弱が定まっていない色であれば場のカード+1枚でその色より強いことになる。ただし、最大3枚までしか出せない。
強弱が定まっていれば、場のカードと同数で出すことが可能。



一応6人までプレイ可能との表記があるが、6人プレイは破綻していると感じた。手札枚数と場札に出せる上限の3枚というのがマッチしておらず、何もできないままゲームが終わっていくのは辛かった。

一方で4人では手札枚数が丁度良く感じる。3枚揃うので強弱はある程度決めれるが、3枚切るとその色が枯れたりするので悩ましい。見送ったらいつの間にか最弱になってたりね。



色使いがとてもビビットで目を引く。また、強弱を表すためのマスクタイルがとてもお洒落。
何となく不等号と逆なのがもやもやしますが。
やはり、ボードゲームには遊んでみたいと思わせるようなデザインが必要ですね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

あかしあ

Author:あかしあ
本とか読む人。
あとはゲームやらしてます。

Twitter あかしあ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム