くちびるに歌を

夢を信じて生きてくことの大切さを教えてくれる1冊です。

くちびるに歌を (小学館文庫)くちびるに歌を (小学館文庫)
(2013/12/06)
中田 永一

商品詳細を見る


帯はアンジェラアキさんのコメント。Nコンの課題曲ってアンジェラアキさんの曲だったんね。


長崎の五島にある中学校の合唱部の物語。
主人公は2人。1人は、男性不信の合唱部所属の女の子ナズナ。もう1人は、自閉症の兄を持つぼっちの少年サトル。


女子だけの合唱部は、Nコンという合唱の大会に向けて練習中だったが、顧問が産休になったため代理の先生のもと練習することとなった。
その代理の先生がたいそうな美人であったため、それにつられて急に男子が合唱部に入部することとなる。
男性不信のナズナはこれをよく思わないが、男子の入部は受理されることとなった。ついでにぼっちのサトルもその場の流れで入部することに。

しかし、今まで合唱もしたことがない男子部員。しかも先生目当てなので、まじめに練習もしない。そんな調子で男子と女子の間に溝ができていくも、大会はどんどん近づいていき……。


そんな男女間の思春期っぽい対立に始まり、ツンデレちっくな片思いや、好きな女子に男の影がちらちらして心濁らしたりと青春まっさかりである。
さらには将来のことや、生まれてきた意味、家族のことなどのなんやかんやも。
青春小説といった感じだが、対象を中高生とした場合、長谷川コトミの写真エピソードは少しエグい気もした。


また、舞台が長崎という事もあり、登場人物はみんな九州訛りというのも九州出身者にはぐっと来た。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

あかしあ

Author:あかしあ
本とか読む人。
あとはゲームやらしてます。

Twitter あかしあ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム