サマーサイダー

廃校舎に隠した罪の記憶が幼なじみの三人を追いつめていく

サマーサイダー (文春文庫)サマーサイダー (文春文庫)
(2014/05/09)
壁井 ユカコ

商品詳細を見る



夏休みにかつて卒業し、既に廃校となった中学校にボランティア活動しに来た幼なじみ3人。
彼らは、中学3年の時に不思議と蝉に執着する不思議な担任がついており、その夏に亡くしていた。
去年の記憶を想いときながら現実と相対する3人の少し奇妙な夏休み。


去年の担任にまつわるエピソードを思い出しながらピースを見つけ、現実の違和感に当てはめていくことで物語の全貌が見えてくる。最初から露骨な伏線が貼られまくりなのですぐ分かるのだが。
本筋となる担任の話も大事だけれど、幼なじみ3人の甘酸っぱい三角関係も見どころ。


基本的にシリアスなんだけど、会話が福井弁のせいか妙に軽くなってて読むのが楽しい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

あかしあ

Author:あかしあ
本とか読む人。
あとはゲームやらしてます。

Twitter あかしあ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム