スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Hunting Party

久々に音楽の話。


高校生の頃に出会ったバンドで、1番衝撃だったバンド、リンキンパーク。
多分最初は、メテオラを聴いたはず。
ヘビィなサウンドに鋭いラップが乗せられ、サビでは美メロをチェスター独特の厚みのある声で歌い上げるという、当時自分の中では初体験の音楽でした。
その勢いで1個前のハブリッド・セオリーを聴き、最速でガッツポーズをしたのを覚えている。


数年後、待ちに待った3rdアルバム、ミニッツ・トゥ・ミッドナイト。
なんか違う。確かにかっこいい曲もあるけど、なんか違うのだ。シャウト・ラップが減ったのもあるけど、何か他のもっと大切なものが薄くなったような感じだった。


さらに数年後、ア・サウザンド・サンズ。
もっと違う。俺の聴きたいリンキンはこれじゃない、という感じ。


そしてちょっと前。あんまり期待せず買ったリヴィング・シングス。
原点回帰とか新生代のハイブリッド・セオリーとか言われてるとおり、少し1st、2ndに戻ったが、
まだ足りない。まだ少し足りない感じがする。



そして今日。wiennersのDIAMONDを買いに行ったら売ってたザ・ハンティング・パーティー。
これよ。これを聴きたかったのよ。何かが足りてるのよ。
最近のエレクトロっぽさが消えて、1st、2ndの風味が蘇り、新たな扉を開けた感じがする。

うまく言葉にできないけど、しばらく帰ってなかった故郷に帰ってきたような感じ。しかも、なんか駅前が発展してやがんの。マックとかコンビニとかできちゃってんの。そんな感じ。

というわけで、傑作です。聴こう。

ザ・ハンティング・パーティー<ライヴDVD付エディション>(初回生産限定盤)ザ・ハンティング・パーティー<ライヴDVD付エディション>(初回生産限定盤)
(2014/06/18)
リンキン・パーク

商品詳細を見る




いやぁ、リンキンパークが好きでよかった。ずっと待ってて良かった。
この機会に3,4,5枚目も聴きなおしてみよう。何かが見えてくるかもしれない。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

あかしあ

Author:あかしあ
本とか読む人。
あとはゲームやらしてます。

Twitter あかしあ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。