スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エウロパの底から

私の小説を『模倣』する殺人犯とは?
いや、まさか――

エウロパの底から (メディアワークス文庫)エウロパの底から (メディアワークス文庫)
(2014/03/25)
入間 人間

商品詳細を見る



自分が書いた小説と全く同じ事件が起こる。被害者の名前も、場所も、殺害方法も。
小説家である主人公は、自分の書いた小説を誰かが模倣していると思っていたが、
世間や刑事はこの小説家が書いた小説通りに殺人を起こしているのではと疑い始める。



主人公が小説家ということで、バカが全裸でやってくるみたいなのを想像してたけど、こちらはシリアスめなミステリ風でした。
しかし、主人公の小説家を通してメタなネタをぐいぐい押し込んできてますね。


最後まで読むと何とも言えない気分になる。
あとがきまで含めて作品なんだろうな。


クロスオーバーとしてはみーまーのジェロニモこと上社が登場。
全体的にはメタルマックスネタであふれている。2はやったような気がするんだけど、あんま覚えてないな。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

あかしあ

Author:あかしあ
本とか読む人。
あとはゲームやらしてます。

Twitter あかしあ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。