東雲侑子は短編小説をあいしている 東雲侑子は恋愛小説をあいしはじめる 東雲侑子は全ての小説をあいしつづける


東雲侑子3部作

東雲侑子は短編小説をあいしている (ファミ通文庫)東雲侑子は短編小説をあいしている (ファミ通文庫)
(2011/09/30)
森橋ビンゴ

商品詳細を見る

東雲侑子は恋愛小説をあいしはじめる (ファミ通文庫)東雲侑子は恋愛小説をあいしはじめる (ファミ通文庫)
(2011/12/26)
森橋ビンゴ

商品詳細を見る

東雲侑子は全ての小説をあいしつづける (ファミ通文庫)東雲侑子は全ての小説をあいしつづける (ファミ通文庫)
(2012/05/30)
森橋ビンゴ

商品詳細を見る



高校1年生の三並英太はこれいった特徴も無く、気力も無く、両親が海外に出張しているというライトノベル的に普通の主人公。
彼の通う高校では、全ての生徒が部活動に参加しなければならなかったが、それらを面倒に感じ活動が楽な図書委員となった。
図書室での本の貸し出し係にてペアを組むのは東雲侑子。いつも本を読んでいる無口系ヒロインである。
英太は、ひょんなことから彼女が小説家と言う事を知り、サインも求める。そんな彼に対して、東雲侑子も一つの要求をする。恋愛小説を書くための取材として「付き合って」欲しい、と。
最初はデートすらぎこちない2人であったが、ふりでの付き合いを重ね、徐々に距離を縮めていく……。

ライトノベル版、石田衣良のフリフリといえば伝わる人には伝わるはず。


上記のあらすじは1巻の「東雲侑子は短編小説をあいしている」のもの。
「東雲侑子は恋愛小説をあいしはじめる」では、2年生に進級し、ちょっと気まずい三角関係に陥る。
「東雲侑子は全ての小説をあいしつづける」は、3年生、2人の進路とかのお話プラス今までのモブキャラ達の恋愛模様。


劣等感やら閉塞感やらを抱えた思春期高校生たちの、ちょっとしっとりめの恋愛小説です。主人公2人がいうほどさわやかじゃないので仕方ない。
男主人公一人称の為、恋愛小説ってよりギャルゲーっぽい感じもする。


また、東雲侑子が小説家の為、作中作が出てきており、作品がそのまま東雲侑子の心情を語る仕組みとなっている。
答え合わせができる恋愛って羨ましい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

あかしあ

Author:あかしあ
本とか読む人。
あとはゲームやらしてます。

Twitter あかしあ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム