スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん10 終わりの終わりは始まり

実写映画おめでとうございます!
電撃文庫で実写化というとブギーポップや半分の月がのぼる空が思い出されますね。

……無かったことにされないといいですけどね。


嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん10 終わりの終わりは始まり (電撃文庫)嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん10 終わりの終わりは始まり (電撃文庫)
(2011/01/06)
入間人間

商品詳細を見る



入間人間、エルシャダイ大好きすぎだろwww
そんなラノベで大丈夫か? 大丈夫だ、映画化だ。


しかし、叙述トリック? ミス・リーディング好きだなー。
表紙も内容も1巻意識。微妙に既刊のキャラクタが出てきてるのが良かったか。
最後のコンビニ店員とか、そのお隣さんとか。枇杷島も挿絵でちらり。


引っかかったのは、今回の犯人はどうやって逃げてきたのかって事(むしろどこに居たんだろ?)と、8巻の金髪青スーツ。
まぁ、8巻はクロスオーバー祭ですからね。まだ読んで無いのに出てくるんでしょう。


幸せの背景は不幸ってのが1巻のサブタイトルだったけど、全巻通して見ると、その逆、不幸の背景は幸せ、なのかなーって思ったり。嘘だけど。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

あかしあ

Author:あかしあ
本とか読む人。
あとはゲームやらしてます。

Twitter あかしあ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。