つれづれ、北野坂探偵舎 心理描写が足りてない

お前の推理は、全ボツだ。

つれづれ、北野坂探偵舎    心理描写が足りてない (角川文庫)つれづれ、北野坂探偵舎 心理描写が足りてない (角川文庫)
(2013/09/25)
河野 裕

商品詳細を見る


サクラダリセットの人が描くちょっとファンタジー気味なミステリ?
角川さん曰く、キャラクターミステリだそうです。

ワトソン役は表紙左のスーツ。元編集者で現探偵兼喫茶店のオーナー。そして、幽霊が見えるという特殊な体質。
探偵役は緑のジャケットの男。小説家。


とある女子高生が無くなった友人の霊を目撃し、その友人が探していた本の捜索をスーツに依頼。
スーツは幽霊とコミュニケーションを取り、本を探し出すが……?


事件を推理する、というより集められた情報から物語を構成していくというスタイルで謎に迫っていくちょっと変わった推理物。推理するだけでなく、結末まで演出するというのが少し新鮮。


ところで、表紙からなんとなくBL臭が漂いますね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

あかしあ

Author:あかしあ
本とか読む人。
あとはゲームやらしてます。

Twitter あかしあ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム