うそつき―嘘をつくたびに眺めたくなる月

ライトノベルで主に活躍されてる方ですね。残念ながら読んでませんけど。
最近、日日日であきらって読む理由に気がつきました。


うそつき―嘘をつくたびに眺めたくなる月 (新風舎文庫)うそつき―嘘をつくたびに眺めたくなる月 (新風舎文庫)
(2005/08)
日日日

商品詳細を見る



ちーちゃんは悠久の向こうでもそうだったんですけど、文章が特徴的。
地の文が口語で続くのはやや乱暴な印象を受けましたが、すんなり感情移入。一度読み始めたらさらっと最後まで読みすすめられました。
あとがきでライトノベルじゃないと記されてましたが、一般小説とライトノベルの中間くらいなのだと思います。


テーマは愛とか好きって何? みたいな感じでしょうか。青臭いですね。思春期ですね。
色んな男の人と(同時に)つきあいながら、「好き」という感情を探しつつ、さらには自分と向かい合い過去を乗り越え成長していく主人公が魅力的でした。



ところでちーちゃんは悠久の向こうで出てき武藤白がちらっと出てきてますね。
中身がどっちかは分かりませんが。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

あかしあ

Author:あかしあ
本とか読む人。
あとはゲームやらしてます。

Twitter あかしあ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム