スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロストウィッチ・ブライドマジカル (電撃文庫) ロストウィッチ・ブライドマジカル

魔法ってね、罪なんだよ

ロストウィッチ・ブライドマジカル (電撃文庫)ロストウィッチ・ブライドマジカル (電撃文庫)
(2013/09/10)
藤原祐

商品詳細を見る


魔法の国の女王様が無くなって、その「器」がばらばらになり、その一つ一つが日本のある地域の少女達の身体に宿りました。
魔法の国の住人は器を元通りにし、新たな女王を誕生させるために、人間界に降り立ちます。
魔法の国の住人は、器のかけらが宿った少女と契約し、魔法を与えます。
この魔法を使って、少女達はお互いに殺し合い、器を統合していくことで新たな女王を誕生させようというお話。


まどかマギカ風金色のガッシュと言った所か。
レジンキャストミルクに近い設定の異能者バトル小説です。


特徴的なのは、魔法の国の住人はアイデンティティとしてそれぞれに「罪」を持つという所。
契約した際に少女達が使えるようになる魔法もその罪を表したものとなる。作中では「無理解」「欺瞞」などが登場。


まだ1巻と言うことで世界観の説明を挟んだり、ボス系の人が顔見せに現れたりしながらも、魔女たちの過酷な戦闘を描いている。
好きになれそうなキャラクタがさっそくリタイアしたのが残念。


書いてると無意識にか似たような設定・展開が多くなるのだろうか。
ルナティックムーンの稀存種的な存在や、レジンキャストミルク的なペアを組むような能力、アカイロロマンスみたいにラスボス候補が姉だったり、精神を乗っ取られる主人公の友人などなどが気になった。


あ、あと四十万薫というキャラクタが杏子そのまま。武器はもちろん槍。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

あかしあ

Author:あかしあ
本とか読む人。
あとはゲームやらしてます。

Twitter あかしあ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。