サクラダリセット2

さっそく読んだ本のことを書くのであった。


サクラダリセット2  WITCH, PICTURE and RED EYE GIRL (角川スニーカー文庫)サクラダリセット2 WITCH, PICTURE and RED EYE GIRL (角川スニーカー文庫)
(2010/02/27)
河野 裕

商品詳細を見る




サクラダリセット2 WITCH, PICTURE and RED EYE GIRLです。


記念すべき1冊目のレヴューなのに、いきなり2巻で大丈夫か?
大丈夫だ、知ったこっちゃ無い。


能力者が集まる町、咲良田市。
記憶を保ち続ける能力を持つ主人公と、時間を最大3日間巻き戻すこと(リセット)ができるヒロインの物語。
リセットすることで、ヒロイン含めて時間を巻き戻されますが、主人公は記憶保持の能力によって、リセットされた世界の記憶も持ち続けられるって寸法です。


未来の情報を基に過去から未来を再構成する手段、方法がが細かくて面白い。
んで、しっちゃかめっちゃかな時間軸をすっきりまとめて、なおかつ読みやすいってどーゆーことなの。


あと能力。
「世界をリセットする能力」「写真の中に入る能力」「記憶を操作する能力」「未来を見る能力」「対象を5分間消す能力」
このあたりの能力を上手に組み合わせて心理戦するあたりが熱い。若干1名チート性能がいるけど、どうなんだろう。
1巻から2巻にあたって、「何でも消せる」から「人に対して能力を使えない」って制約が加わったけど、それでもチート性能すぎた。


若干の恋愛要素も含みつつ、3巻への複線も張り巡らせ、ラスボス(恋愛的な意味で)も出てきそうで、修羅場ーな感じ。
3巻が凄い楽しみなシリーズ。いや、もう発売してて買ってもいるんですけどね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

あかしあ

Author:あかしあ
本とか読む人。
あとはゲームやらしてます。

Twitter あかしあ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム