四畳半王国見聞録

世界は阿呆神が支配する。

四畳半王国見聞録 (新潮文庫)四畳半王国見聞録 (新潮文庫)
(2013/06/26)
森見 登美彦

商品詳細を見る



いつも通り京都の腐れ大学生達が繰り広げるどこか後ろ向きな大騒ぎ。
今回は連作短編集となっており、舞台は全て同じで、登場人物もおおよそは一緒。
その登場人物も、四畳半神話体系や新釈 走れメロス、有頂天家族からのクロスオーバーがほとんど。
残りは、彼らの知人と凡人を目指す非凡人の集い「大日本凡人會」の面々。
これはこれで読んでも良いけれど、以前の作品を読んでからの方が楽しめるはずである。
では、短編毎にちょこちょこと。


「四畳半王国建国史」
四畳半に籠りひたすら四畳半の内側に向かって世界を広げようとする男の物語。
プロローグ的なもの。

「蝸牛の角」
世界は色々な物を通して繋がっていますよというお話。
クロスオーバー全開というかむしろオールスター。

「真夏のブリーフ」
水玉ブリーフについて各々が思い悩むお話。
これも良く分からん。

「大日本凡人會」
少し不思議な力を持つ学生達がその力の在り方を考え直すお話。
マンドリンの人は、恋文の技術の軍曹の人?
今作で1番好きかも。

「四畳半統括委員会」
四畳半統括委員会に纏わるいくつかの証言集。
都市伝説的な何か。

「グッド・バイ」
太宰治のグッド・バイを下敷きにしている。新釈 走れメロスみたいな感じの一作。
主人公が誰かを連れ添い、知人(主に本作の登場人物)に別れの挨拶を告げていくというもの。
読んでて悲しくなる。

「四畳半王国開国史」
建国史の彼が開国するまでのお話。
定義が変われば世界が変わる。


全体的にふわっーとした内容のお話を、いつものような小難しい文章で展開していきます。
なるほど、よく分からん。でも面白い! そんな感じの一冊。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

あかしあ

Author:あかしあ
本とか読む人。
あとはゲームやらしてます。

Twitter あかしあ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム