スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KAPPEI 4 虹ヶ原 ホログラフ トムソーヤ

恋に悩む週末の戦士たち

KAPPEI 4 (ジェッツコミックス)KAPPEI 4 (ジェッツコミックス)
(2013/07/29)
若杉公徳

商品詳細を見る


山瀬と岩崎の間で迷う勝平や、まさかの正義の恋物語の続き、そしてなんか色々あった守。
新たな週末の戦士も出てきたけど、やはり安心の変態。

終末の戦士も全員顔が判明。本編に出てきてないのは、おまけ漫画の力也とモヒカンの人だけ。
DMCの10巻くらいかそれ以前で完結するのかな。


虹ヶ原で暮らす人たちの今昔。

虹ヶ原 ホログラフ虹ヶ原 ホログラフ
(2006/07/26)
浅野 いにお

商品詳細を見る


とある少年たちの小学校時代と、彼らが大人になってからの話が交互に繰り返されて全体像が見えてくるという不思議なお話。
とある家族が離散し、その兄妹が不思議な蝶々パワーで再会するまでのお話。
しかし、過去では行方不明者やいじめによる問題が、現在ではサイコパスや精神異常者による殺人や、なんやかんやがあって非常に複雑な内容。

他の浅野いにお作品に比べると、黒い感じだけどこれはこれで。


少年の季節、夏。

トムソーヤ (ジェッツコミックス)トムソーヤ (ジェッツコミックス)
(2007/08/29)
高橋 しん

商品詳細を見る


母が亡くなったため、帰郷した女子大生、ハルが主人公。
そんなハルが中学生のタロと墓場で殺人現場を目撃し、それを秘密として共有する所から物語は始まる。


大人とも子供ともいえないハルが、タロを介して理想の「少年の夏」を過ごすというのが主な内容であるが、家出して無人島での海賊ごっこしたり、タロが洞窟で迷子になり、殺人犯と出会うもなんとか脱出できるなど、基本的にはトムソーヤの冒険を下敷きとしている。
しかし、時は現代、舞台は九州の漁村(教会や洋式の墓地があるのでおそらく長崎県?)のため、また本家とは違った味わいがある。


なにより夏である。呼び情報も無しに買ったんだけど、まさに今の季節にピッタリ。
読み終わった後に、もっかい中学生になって夏休みしたいなーって思っちゃう1冊でした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

あかしあ

Author:あかしあ
本とか読む人。
あとはゲームやらしてます。

Twitter あかしあ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。