スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真珠の耳飾りの少女

その絵が出来るまでの物語。

真珠の耳飾りの少女 通常版 [DVD]真珠の耳飾りの少女 通常版 [DVD]
(2005/01/25)
スカーレット・ヨハンソン、コリン・ファース 他

商品詳細を見る



ほぼ絵画にしか興味のないフェルメール、そのフェルメールの興味を引くことにしか興味のない奥さん。
フェルメールの絵を売ってお金を稼ごうとする祖母。
そんな家にお手伝いさんとして雇われた主人公、グリート。


グリートは、仕事でフェルメールのアトリエを掃除するうちに、構図や色彩に対して非凡な才能見せ始め、やがては絵具作りを手伝いだす。
徐々にフェルメールに惹かれ始めるグリートであったが、ある時、彼のパトロンからグリートとパトロンをモデルに絵を描いてくれと依頼?される。
しかし、このパトロンは女癖が非常に悪い。フェルメールは、パトロンからグリートを守るため別の絵を描き始め、それとはまた別にグリート1人の絵を描き始めるが……。


非常に映像が綺麗という印象を受けた。
色彩と光の射し方がフェルメール的。何気ないワンシーンでも彼の作品のようで浸ってしまう。


恋愛映画にカテゴライズされてますが、実際どうなんでしょうか。
グリートの一方的な想いにも見えます。フェルメールは常に絵の事しか考えていなかったような。
最後のシーンの解釈(好意からか、それとも謝罪的な意味合いか)次第な気もしますが。
手紙は絵具で止っていたのでおそらくフェルメールからでしょう。奥さんからだとしたら後味が悪すぎる。


絵の為、ひいては金の為に手段選ばぬ祖母と、グリートに嫌がらせを続ける子の演技が良かったです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

あかしあ

Author:あかしあ
本とか読む人。
あとはゲームやらしてます。

Twitter あかしあ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。