スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペンギン・ハイウェイ

たいへんかしこい小学生とお姉さんと、ペンギンと。

ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)
(2012/11/22)
森見 登美彦

商品詳細を見る



き、京都じゃない!!!
この森見登美彦なのに京都じゃないと不安ながらに読み始めたけれど、これがまた面白い。


アオヤマ君は、クラスのいじめっ子の生態や、歯科医のお姉さん、町に流れる川などを研究し、ノートにまとめているたいへんかしこい小学生。
そんな彼の街に突如ペンギンが発生し始める。
海に面していないこの街でなぜペンギンが現れたのか、アオヤマ君は不思議に思っていたのだが、ある日、歯科医のお姉さんがコーラの缶をペンギンに変える所を見せてもらう。
なぜ、お姉さんはそんな能力を持っているのか。アオヤマ君の研究が今始まる。


序盤は、お姉さんがペンギンを出せる現象について調べていたのだが、いくつかの不思議な現象が街で並行しておこる。それらが密接につながっており、どことなく日常ミステリーのようで面白い。
文章については、いつもの森見節とは調子が違うもののユーモア抜群。特にアオヤマ君の変に大人びた言い回しがシュール。


世界の果てがあると信じて、見てみたいと思っていた少年が、世界の果てに達した時、少年は成長した。
さわやかだけれど、少し切ない。そんな感じのジュブナイル。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

あかしあ

Author:あかしあ
本とか読む人。
あとはゲームやらしてます。

Twitter あかしあ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。