ソラニン

平日昼間からブログ更新とかあれですよね。楽しいですね。
普通に風邪ひいちゃっただけなんですけどね。


平日に休んだらモンハンしまくりだし! と鼻息荒く語っていたのですが、実際病んでみるとゲームなんかやってられないですよね。PCもだるいいいい。
じゃあ、何してたかって? 友達に借りたこれ読んでました。

ソラニン 1 (ヤングサンデーコミックス)ソラニン 1 (ヤングサンデーコミックス)
(2005/12/05)
浅野 いにお

商品詳細を見る

ソラニン 2 (ヤングサンデーコミックス)ソラニン 2 (ヤングサンデーコミックス)
(2006/05/02)
浅野 いにお

商品詳細を見る



ソラニンって忍者が出てくる話と思ってました。ジャガイモの芽のソラニンでしたね。
なんの予備知識もなく読んだんで、1巻の終わり~2巻の最初くらいでびっくりしました。


テーマはそのまんまソラニンの歌詞で言ってた事でしょうか。
ゆるい幸せがだらっと続いたら、1日1日の負の蓄積は気づかない位に微小かもしれない。
でも、そのまんまほっといたら、ジャガイモのように毒性の芽が出てしまう、日常が悪い方向に行ってしまうってとこでしょうか。
悪くなってしまったらどうするか。流れに沿ってがんばるしかないすでよね。
それが普通で、そんな普通のことを描いているのに、驚くぐらい魅力的。
登場人物も普通の人たちばかりなのに、時々、かっこよく、かわいく見えるのは、物語に入り込みすぎていた自分に魔法がかかっていたのでしょうかってぐらいに不思議。


あとは舞台が近所なのが好感持てた。和泉多摩川で、最後は登戸に引っ越すのかな。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

あかしあ

Author:あかしあ
本とか読む人。
あとはゲームやらしてます。

Twitter あかしあ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム