千年女優

ある女優の半生。


千年女優 [DVD]千年女優 [DVD]
(2003/02/25)
荘司美代子、小山茉美 他

商品詳細を見る



ある女優のインタビューを撮影しているという設定。
最初は女優の過去についてのものだと思っていたが、途中から女優の出演した作品が入り混じりはじめる。
その女優の過去、あるいは劇になぜか入り込んでいるインタビュアーも何かシュール。


女優はかつて恋した男から鍵を受け取った。しかし、その男の名も知らぬまま離れ離れになってしまう。
現実でもその男を探し、劇中でもその男を探し続ける、そんな女優人生。




最後の台詞には色々な解釈があると思います。

あれが映画なら、あのセリフの後に、自信のシーンにて老いた自分を自覚した(好きだった自分から変わってしまった?)ため引退とかも考えたけどどうなんだろ。

好きな彼の為に女優になった。そしてそんな自分を好きになった。
つまるところ彼に対する愛の言葉、ってのが1番綺麗な捉え方ですね。自分は、そう思っておきます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

あかしあ

Author:あかしあ
本とか読む人。
あとはゲームやらしてます。

Twitter あかしあ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム