ICO

この人の手を離さない。僕の魂ごと離してしまう気がするから。

ICO-霧の城-(上) (講談社文庫)ICO-霧の城-(上) (講談社文庫)
(2010/11/12)
宮部 みゆき

商品詳細を見る



ICO-霧の城-(下) (講談社文庫)ICO-霧の城-(下) (講談社文庫)
(2010/11/12)
宮部 みゆき

商品詳細を見る




ゲームのノベライズです。だいぶ前にハードカバーで出た本の文庫版。
ICOのレヴューっーか感想です。


特にストーリーも語られず、言語が違い、会話ができない女の子の手をとって城から連れ出そうとする異色なアクションゲーム。
なぜ少女が城に幽閉されていたのか? なぜ向かう先々で黒い影が出てきて少女をさらおうとするのか? なぜ城に生贄が連れてこられるのか? 女王とはいったい何者なのか?
何ひとつ語られないまま、ゲームは進み、そのまま終わります。


さて、今回の文庫版ICOを読んだわけですが、流石人気作家。
文章は読みやすく、描写も力はいってます。この場所通ったよ! って原作やった人なら盛り上がれる箇所が多々あります。風車とかね。
ゲームで語られなかった上記の疑問もすっかり氷解。
小説としては非常に面白かった。


でもね、原作やった人は読み終わった後、違和感があったはず。
ICOは物語が無かった。
各々が脳内で補完しなくちゃいけなかった。そこが、すばらしかった。
宮部みゆきの中では、この物語だった。それだけの話。
小説としては素晴らしかったが、やはりICOとしては少し不満。



何も知らず、なぜ城に生贄として連れてこられたかも分からず、言葉も通じない女の子の手を引っ張りながら見知らぬ城を歩くあの心細さ。
少し目を放した隙に連れ去れてしまうヨルダを置いて、遠くに行くときの心細さ。
不安で強く手を握っていたはずが、漠然と城を進むうちに、暖かな強さへと変わっていく。


ヨルダの過去や、女王、外の世界の思惑も何もなく、ただこの女の子を守りたい。それだけの純粋な気持ちで、私は城を抜け出した。それだけで私のICOは十分だった。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

あかしあ

Author:あかしあ
本とか読む人。
あとはゲームやらしてます。

Twitter あかしあ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム