スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

げんしけん 二代目の十二 アイアムアヒーロー 21 零崎軋識の人間ノック(4) ゆうべはお楽しみでしたね 3巻 ライアー×ライアー(9) ラララ 5巻



堂々完結



表紙でネタバレすんのやめろよーーーー!
でも、面白かった。斑目の萌えを信じる、オタクとしてそうありたい、ってらへんは名シーンですね。
おまけでサークラ臭を放つ大野さんも良かった。


われ貧しき者、われは罪のしもべ



久喜幕府VS浅田教。そして、英雄を追いかける小田妹ZQN。
ヘリを巡る攻防は激化していく。さて、誰が生き残るのか。あと、英雄はどう絡んでくるのかな、狙撃かな。



「人類最強の請負人」 哀川潤登場!!




みんな大好き哀川潤が登場。請負人伝説はじまるよ、そして終わるよ。
最後は人間人間への繋ぎにか、曲識も顔見せ。
手書きの擬音とか、力強い文字が印象的でした。


君といると初体験がいっぱいだ。



ドラクエⅩの漫画。リアルの方でも互いに気持ちに動きがあって……?
ドラクエの事は分からんけど、MMOあるあるは何となく伝わってくる。


もう嘘じゃないよ! 新しいふたりの、はじまり。



無事に同棲をはじめ、嘘を解消した二人。ちょっとづつ進展していって、とてもいい感じに。
ちょっとだけ、ニコイチのあの人も登場したよ!


「結婚」は問題の連続でもある。




霧島家の集まりに連れていかれた石村さん。
陰湿なあれやこれやに巻き込まれるが、石村さんは平叙運転。強い。
「おばあちゃんは無敵だぞ」の考え方はすごい。人間は年をとればとるほど強くなるのだ。
後半は、児童の面倒を見ることになってしまった霧島君。意外といいにーちゃん、なのか?
スポンサーサイト

ポータル ポータル2

課題を全部クリアしたら、ご褒美にケーキを差し上げます。





STEAMで安い時に買って積んでたやつを1,2と一気にクリアしました。
ゲーム的には3Dパズルアクション。左クリックで壁に青い穴をあけ、右クリックで壁に赤い穴をあける。
その穴がどこで空いていようと、強制的にリンクさせ、通過することが出来る。高いとこと低いとこに穴あけて上下移動をこなすなど。
1も2もこの動作といくつかのギミックを用いてひたすらに進んでいく。ただ、これだけある。
しかし、これがちっとも飽きない。ギミックも豊富だが、それらの組み合わせが上手でどんどん知恵を付けながら進めるようになっている。後半は応用のオンパレードだが、丁度良い難易度。


ストーリーとしては、コールドスリープから目覚めた主人公が謎の施設にて女性のアナウンスに従い次々とテストをクリアしていくというもの。その背景はふわりと読み取れるのだが、詳しくは語られない。
2は、1の続き。1よりも詳しいストーリーが語られている。前作をやってると色々感慨深い。


1は、ほぼ室内のパズルなのでそうでもないが、2に関しては通路が多いので少し3D酔いしやすい気がする。
でも、酔いとかで諦めていけないくらいの名作でした。パズルもストーリーも素晴らしい。


ゲームも素晴らしいが、エンディング曲も素晴らしい。歌詞もメロディもすっごい好き。
また、ゲーム内でデザイナーズノートが読めるのも嬉しい。色々と参考になる。

トリテを作っている話




本記事は、Trick-taking games Advent Calendar 2016の12月20日の記事として書かれました。

昨日は、S. Andoさんの自作トリテ、「トリッキーエクスプレス」のルール公開でした。
トリックとトリックの間が空けば空くほど点数が伸びるという斬新なルールです。ぜひ、遊んでみたいですね。



・はじめに
こんにちは。あかしあと言います。「ゆるあ~と」というサークルでボードーゲームを作っています。
今回は、Trick Taking Party様主催のTrick Taking Partyゲーム賞に応募するために制作中のゲームと、その過程で学んだことなどを書いていきたいと思います。


・運要素を減らしちゃお
というのが、今回のコンセプトでした。
通常、トリックテイキングは手札運を均すためにディール数を多く設けます。
けれども、私が参加する集まりではあまりフルゲームで遊びません。何となくふわっと1~2ディールやって、はい次のボードゲームとなることが多いのです。
これでは、手札運の強いカードゲームという印象が残ってしまいます(自分もかつてそうでした)

そんなときに出逢ったのが、送料無料のために数合わせで買い、積みっぱなしだった「スカルキング」です。
このゲームは、ディール数分だけ手札が増えていくという構造上、割とみんな付き合ってくれるのですが(それでも、3-5-7-9と省略して遊ぶことが多いですが)、それ以上に衝撃的だったのが「ビッド」です。
手札を評価し、それに見合った目標を定めて、そこに向かって行く。これであれば手札がどうあれ関係ありません。ディール数も少なくて良いように思えます。これは、実力が反映されやすいぞと自分の中では専らの評判でした。

このあたりのビッドのお話は15日のカズマさんの記事が詳しいですね。非常に勉強になりました。


・分けちゃお
というわけで、運要素を減らすにあたりビッド以外に何かしら手段はないかと色々考えることに。
考えてもさっぱりだったのですが、ある日、全然別のシステムを考えている最中に急に降りてきました。手札を分割すればいいじゃん、と。
トリックを取ることを目的とした場合に、手札の強い弱いは手札に対して切り札やハイカードが何枚あるかで判断します。
であれば、手札を、分母を減らせば意図的に手札の強弱を決定することができます。
現状考えているルールを例にとると、全15トリックを事前に分けておいた5枚・5枚・5枚の手札でプレイします。
最初に配られた15枚の手札に切り札やハイカードが少なくても、それらをどこかに集中すれば、その5トリック分だけは強くなれるわけです。


・調整しちゃお
そんなわけで、この「手札分割」を用いたトリテを作成中です。
そもそも何を基準にカード分けるのか、遊んでいる時より分けてる時の方が楽しい気がするとか、他プレイヤーが選んだスートが分からないのでコントロール効かないとか、まだまだ課題は山済みですが年末年始で調整して、なんとか応募にこぎつけたい次第であります。以上。


では、よいお年と、トリックを!

クロクロクロック 結

この奇妙な物語は、ついに終焉を迎える……。




悲しみの打ち切りか。
まぁ、完結しただけましかな。

多分全体の構想を無理やり捻じ曲げたため、色々な不具合が発生しているが綺麗にはまとまっていると思う。
群像劇の終わりはやっぱこうでなきゃね。


後書の潔さと、描かれた蜜柑から無念さを感じ取れる。
各シリーズのクロスオーバー群像劇だっただけに残念。懲りずにまたこんなの書いて欲しいよ。

働かないふたり 9 私の友達がモテないのはどう考えてもお前らが悪い。 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 8~10 少女終末旅行 4巻 電撃4コマ コレクション CLUBゲーム倶楽部(2)  






いつだって戦力外宣言!!



ユキちゃんの父登場。アグレッシブ無職。祖父も登場だが、無職ではない。
なにやら強そうな姉の影も。
あとは、夏を満喫するいつもの面々。夏に相撲とった後に部屋で涼む話が好き。



喪女とびっちの友情秘話!!



ワタモテのスピンオフ。中学生の頃の話。
といっても、もこっちと小宮山は変わらずで、ゆうちゃんは見た目が過去なだけで中身は変わらない。
3人とも同じクラスなので、3人の話ばかりなのが特徴か。


修学旅行編~体育祭~弟の災難!







修学旅行は余り者同士で組まれるが、割と(この漫画としては)変な方向に進んで……?
体育祭でもこじらせぼっち全開、と思いきや割といい目にあったりしたたかな立ち回りを見せる。
あとは、根本と微妙に近づきつつも、リア充の大変さを見て今のままが1番と悟ったり。

割とこの3冊で知り合いが出来たりして、当初よりもだいぶ辛くない気がするが、時折思い出したように辛くなる。



徒然なる旅を導く終末のメロディー




都市もだいぶ上層に来た感じ。ちょこちょこ旧時代の様子というか、なぜこんな事になったのかが見えてきたか……?
特殊な生命体との邂逅を越えて、次は最上層へ。たぶん。


なんとなくゲーム系4コマ



ラブコメ描くの疲れたと言っていたが、そんなことは無かったようだ。
というわけで内容は、前作と同様のゲームの話を交えつつのラブ薄めコメディか。
キャラクタも抑えめかと思ったが、前作のキャラクタや兄弟とか色々出てきたので、本格的に家族ゲームと同じ流れになりそう。
あれも時間の流れの関係で幼女が育ったし、すうも終わるころには……。また、父親感覚で読んで行けそう。


プロフィール

あかしあ

Author:あかしあ
本とか読む人。
あとはゲームやらしてます。

Twitter あかしあ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。