恋する寄生虫

操り人形の恋で、何が悪いというのだろう?



極度の潔癖症の男は、自宅でインターネットウイルスを作り、ばらまいていた。
しかし、ある男から突然それを脅迫される。ウイルスのことをばらされたく無ければ、ある女子高生の面倒見ろと言う。

こうして潔癖症の男と不登校で寄生虫に詳しい女子高生の奇妙な関係が始まった。


タイトル通り、ラブストーリー。なんだが、ややひねくれている。
相変わらず、閉じ気味の2人だけの世界を描いた作品。終わり方も、この人の得意な感じの終わり方。メリーメリー。


ところで、全く同じギミックの小説を読んだことあったので、なんか読んでる最中に急に素に戻りました。
ありふれた話っちゃ話なのだが……。
しかし、この手の後ろ向きな恋物語を好む人にはとてもお勧めですよ。
スポンサーサイト

君の名は。 Another Side:Earthbound

おまえはいったい、どういうやつなんだ?




あの映画のサイドストーリー。語られなかった部分の補完的な要素が強い。
映画で引っかかりを覚えたあなたに。
では、章ごとにつらつらと。

1話 三葉(瀧)
三葉in瀧。三葉の中に入って性別の違いに戸惑う瀧の姿が描かれ、瀧が糸守の人たちを介して三葉を知っていくという内容。
映画で言うと前半のダイジェスト部分の内容がちょいちょい肉付けさているか。

2話 勅使河原
勅使河原の心情吐露。糸守に対する気持ちや、同じく街に深く根差す親を持つもの同士としての三葉に対する想いなど。
そんな彼が三葉を、ひいては自分の気を晴らそうと取り組んだのは……。
これも映画ではダイジェストだった部分ですね。

3話 四葉
ここは映画ではほとんど触れられなかった部分。
前半は妹から見た姉。姉が変なので心配する妹。
後半は、宮水のお話になる。彼女もまた、立派な宮水の女性なのだ。

4話 俊樹
宮水父の昔話。
彼が二葉と出会ってから、どのようにして町長となったかが全て明かされる。
そして、全てがつながる。これもまた結び。


映画見た人は是非、読んでほしい。
そして、これ読んだらもう1度映画が見たくなる。

屍者の帝国

奇蹟の合作



プロットと試し書きを残して旅立った伊藤計劃の作品を円城塔が引き継いだ小説。


十九世紀末、屍者を復活させ道具として操る技術が発展した世界でのお話。
主人公であるワトソンは、ひょんなことから大学の教授であるジャック・セワードと、さらにその師であるエイブラハム・ヴァン・ヘルシングから『M』という人物を紹介され、政府の諜報機関に引き込まれる。
Mからワトソンへの依頼は、アフガニスタン北方にある臣民が屍者のみで構成される屍者の帝国」を調査することであった。


そこから繰り広げられる、SFとういかエンタメというか。重い感じはするけれども基本は、娯楽小説なんで楽しく読めます。
特徴としては、シャーロックホームズシリーズや、、ドラキュラ伯爵、カラマーゾフの兄弟などの登場人物や実在の人物・団体がもりもり出てくる所でしょうか。読む人間の教養力が試されます。知らなくても十分楽しいが知ってた方がより良いかも。


内容的には、最終的にいつもと同じ意識とか魂の話に落ち着く。3回連続これかって思ったけど、今回はまぁ違う人かいてるから仕方ないね。
内容的に、作者2人というか、円城塔の想いが込められまくった感じになっています。


あと、最後のオチはちょっと良かった。まさかこの男がきてくれるとはッッ!!

プロフィール

あかしあ

Author:あかしあ
本とか読む人。
あとはゲームやらしてます。

Twitter あかしあ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム