スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デッドマン・ワンダーランド (11) 未来日記 (12)  よつばと! 11  進撃の巨人 弱虫ペダル げんしけん 11二代目の弐 零崎双識の人間試験(1)



最近読んだ漫画をつらつらと。


デッドマン・ワンダーランド (11) (角川コミックス・エース 138-19)デッドマン・ワンダーランド (11) (角川コミックス・エース 138-19)
(2011/10/23)
片岡 人生、近藤 一馬 他

商品詳細を見る


物語も終盤にさしかかり、ラスボスの過去と共にガンタ母やシロの過去も明らかに。
双子がいいですね。割と出てたのにさっぱり語られなかったあの双子が活躍します。


未来日記 (12) (角川コミックス・エース 129-19)未来日記 (12) (角川コミックス・エース 129-19)
(2011/04/26)
えすの サカエ

商品詳細を見る


なぜか読んでなかった最終巻。
舞台は2週目から3週目へ。幸せな未来目指して1stと2ndが戦う。
最後無理やり感が凄かったけど、良い作品でした。


よつばと! 11 (電撃コミックス)よつばと! 11 (電撃コミックス)
(2011/11/26)
あずま きよひこ

商品詳細を見る


よつばとカメラ被った。
シャボン玉したい。


進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)
(2010/03/17)
諫山 創

商品詳細を見る


6巻まで読んだ。
とてつもなく強大な敵に挑む人間達を描いた戦闘漫画。
人間同士の戦いにはないどうしようもない絶望感を覆していく様はスカッとする。


弱虫ペダル 1 (少年チャンピオン・コミックス)弱虫ペダル 1 (少年チャンピオン・コミックス)
(2008/07/08)
渡辺 航

商品詳細を見る


人間同士の戦いならこっち。
ロードレーサーという競技を題材にしたスポコンものであるが、異常なほど熱い。
初心者だが異常な潜在能力を秘める主人公、同学年のライバル、最初は意地悪だが打ち解けると凄く人が良い上級生、そして他校の選手たち。
お決まりだけれどもここまで熱いのは書き手が本当にロードレーサーが好きだからじゃないでしょうか。


げんしけん 11 限定版―二代目の弐げんしけん 11 限定版―二代目の弐
(2011/12/22)
木尾 士目

商品詳細を見る


夏コミ巻。
斑目は総受け。
ハト君が若干お節介すぎやしないかなと思うけれども。
部屋のクッションから台詞からタイトルからい威嚇の時のポーズまで分かる人には分かるネタが盛りだくさん過ぎてドキドキします。

零崎双識の人間試験(1) 特装版 (プレミアムKC)零崎双識の人間試験(1) 特装版 (プレミアムKC)
(2011/12/22)
シオミヤ イルカ

商品詳細を見る


零崎双識の人間試験の漫画化。
若干話の流れが違ったり、伊織の家族がちらっと出てきたり。
零崎が始まった所で1巻が終わったので2巻が待ち遠しい。
スポンサーサイト

富士山

久々に写真。
そういや小岩井さんとこのよつばさんと持ってるカメラが被った。

熱海から
熱海の海。
泊まった旅館から。斜めなのは二日酔いのせいか。



鳥居
海賊船に乗れる湖。
鳥居をぱしゃり。


ちらっ
ちらりと見えるのは。



富士ちゃん
富士山だー! FUJIYAMAだー!





富士さん
ロープウェーで山のぼってからも富士山。




その後、黒い殻のゆで卵食べて下山しましたとさ。

サクラダリセット6 BOY、GIRL and ‐‐

最終章突入。

サクラダリセット6  BOY、GIRL and ‐‐ (角川スニーカー文庫)サクラダリセット6 BOY、GIRL and ‐‐ (角川スニーカー文庫)
(2011/11/30)
河野 裕

商品詳細を見る



表紙の春埼が微笑んでいる!!
文化祭でケイと春埼の距離がより近づくも、その裏で粛々と計画を進める管理局。
さらに管理局と接触しつつも、ケイ達に奇妙な指示を出す相馬。


管理局、浦地が能力を消そうとする理由や、相馬が死んだ理由。
様々な伏線が回収されるも、管理局が計画を完遂させる。
ケイ達は、リセットされた咲良田市を再度リセットできるのか。
新たな問題が山積みのまま最終巻である7巻に続く上下巻構成。


このどん底の状態からケイと春埼はどう逆転するのか。
7巻が待ち遠しいですね。

夕映え天使

上司から借りた本

夕映え天使 (新潮文庫)夕映え天使 (新潮文庫)
(2011/06/26)
浅田次郎

商品詳細を見る



普段読まない作家だが、上司から面白いよー読んでみなーと渡された1冊。
予想以上に夢中になって読んでいた。
内容は、読んでいてどこか切なくなるような短編集。


中でも「特別な1日」「琥珀」が特に心に残った。
いや、全作品素晴らしかったが、中でもこの2つだけがより輝いていた。


「特別な1日」は、あるサラリーマンの定年の日を描いたような物語だが、読むにつれて違和感が明らかになる不思議な話。前2作が人情物というか、国語の教科書に出てくるような話だったので、なおのこと「特別な1日」の巧妙な仕掛けにどっぷりとハマってしまった。

「琥珀」も定年間際の刑事が主人公。定年前に有給の消化させられるが、妻とは別れ、嫁も嫁いだ後。
偶然訪れた三陸の港町の珈琲屋のマスターは、重要指名手配犯だった。
ミステリだとありがちにして起こりうるべき偶然ではあるが、ミステリでは考えられないような展開が新鮮だった。

灼熱の小早川さん 煉獄姫〈4幕〉

正論という名の炎の剣


灼熱の小早川さん (ガガガ文庫)灼熱の小早川さん (ガガガ文庫)
(2011/09/17)
田中 ロミオ

商品詳細を見る



学園もののラブコメディ。
ヒロインである小早川さんは、変な方向に実直すぎる女の子。
学級崩壊までとは行かないものの、自堕落なクラスをたたき直そうとする小早川さんと、そのブレーキ役となった主人公。主人公も最初は小早川さんを止めようとするのだが、生徒会や小早川さん本人と接するうちにだらけたクラスの方に疑問を覚え始める。
正論を振りかざし、規律を守らせようとする小早川さんと主人公の1年間。


いわゆる「空気」というものが良く再現されていたと思います。学校では、クラス毎に何となくの空気が出来ていて、それに乗っかれない者は浮いてしまうということが多々ありました。
その空気を把握したうえで真っ向から挑み、時に挫けながらもクラスを憂う小早川さんがカッコよく感じられました。



暴力表現やグロテスクなシーンを含むファンタジー。


煉獄姫〈4幕〉 (電撃文庫)煉獄姫〈4幕〉 (電撃文庫)
(2011/11/10)
藤原 祐

商品詳細を見る



瑩国を裏切ったユヴィオールの陰謀、そして丁国からの襲撃と匍都は混乱に陥る。
じわじわと広がる不安のさなか、3幕にて瑩国へと来ていた悳国の王子が殺害され事件は急加速する。


今回の見どころは、表紙にも出てきたアイリスさんでしょうか。
アイリスさんのバトルシーンでは、彼女の子供、「アイリスの魔剣」が多数登場します。
もう1つの見どころは、キリエ。彼女も能力をふんだんに使って暴れてくれます。


そして最後の引きが露骨過ぎました。
5幕が気になる。表紙は誰だろうな、トリエラかな。

プロフィール

あかしあ

Author:あかしあ
本とか読む人。
あとはゲームやらしてます。

Twitter あかしあ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。