スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四季 春夏秋冬

真賀田四季の半生を追う連作。


四季 春 (講談社文庫)四季 春 (講談社文庫)
(2006/11/16)
森 博嗣

商品詳細を見る
四季 夏 (講談社文庫)四季 夏 (講談社文庫)
(2006/11/16)
森 博嗣

商品詳細を見る
四季 秋 (講談社文庫)四季 秋 (講談社文庫)
(2006/12/15)
森 博嗣

商品詳細を見る
四季 冬 (講談社文庫)四季 冬 (講談社文庫)
(2006/12/15)
森 博嗣

商品詳細を見る



春は、四季の幼少時代。
時系列としてはちょうどVシリーズの終了ごろのお話。
幼い頃から天才として扱われた彼女と、透明人間だという少年の物語。
密室殺人も出てくるが、さして問題じゃない。

夏は、四季の思春期ごろ。
すべてがFになるで語られた四季の過去にあたる部分。
今まで曖昧であった四季と親族の関係がピックアップされている。

秋は、捩れ屋敷の利鈍後。
犀川と西之園が僅かなヒントから四季を追いかける。
その裏ではVシリーズの人物もちょこちょこ登場。
また、犀川と西之園の関係に進展があるが、なんかいつもどおりもやもや。

冬は、秋よりもさらに未来。
四季にとって時間という概念は無く、すべてが現在。
回想や、現実や、なんやかんやが入り混じりながら四季の内面を探っていく。


外伝ということもあってか、様々な秘密が明かされている。
特にすべてがFになるに関する部分の複線回収などが美しい。
また、今後の物語にも絡んでいきそうなパーツもちらほら見受けられた。


文章としては四季の思考が詩的で印象的。
しかし、抽象的過ぎる気もする。
和やかな部分での会話は、いつもどおりのユーモアが炸裂していて安心して読めた。
スポンサーサイト

電波女と青春男〈8〉 電波女と青春男 SF(すこしふしぎ)版

イトコ、わたし完結した。

電波女と青春男〈8〉 (電撃文庫)電波女と青春男〈8〉 (電撃文庫)
(2011/04/08)
入間 人間

商品詳細を見る



青春ポイント稼ぎ続ける主人公の前に現れたのは小さめのスマキン。
リトルスマキンがわーわー暴れ、メインキャラクタと絡む流れ。
特にエリオに対しては、夢を思い出させたり、現実突きつけたり、黒歴史を思い出させたりと大活躍である。
恋模様的には灰色決着、しかし7巻があったので満足。前川さん的な意味で。


電波女と青春男 SF(すこしふしぎ)版 (電撃文庫)電波女と青春男 SF(すこしふしぎ)版 (電撃文庫)
(2011/04/08)
入間 人間

商品詳細を見る



同時発売の1巻リメイク版。
表紙やカラーページ、挿絵など大体同じであるが話は別物。
具体的には、引越し時点で星中と連絡とってたり、ヤシロがうっかり早めに出てきたり。
正史とはパラレルワールド的な位置関係とのこと。
上記8巻ともリンクしている。


完結した上でリメイクすると、そこにまた面白いネタなど仕込めて面白い試みだなと感じました。1回しか出来ないだろうけど。

赤緑黒白

Vシリーズ完結。


赤緑黒白 (講談社文庫)赤緑黒白 (講談社文庫)
(2005/11/15)
森 博嗣

商品詳細を見る



色が名前に入った人間を殺し、その色のスプレィで死体を塗装するという猟奇殺人が発生。
シリアルキラの動機は、その目的は?
今回はハウダニットよりホワイダニットに力が入っていた、というより半ば哲学だった気がする。
ミステリ云々じゃくくれない壮大なテーマ。


キャラクタ的には、紫子ちゃんの心の動きが最終回っぽかったか。
また、林と紅子、祖父江、へっくんの謎も明らかに。最初と最後にはラスボスも顔を出す豪華な面子。


Vシリーズの設定が好きだったので、少し物足りない。もっと読みたい気もする。
次は四季4部作を読む。


しかし、この時代に男の子って凄まじいよな。

ぢごぷり

子育て奮闘記!

ぢごぷり(1) (アフタヌーンKC)ぢごぷり(1) (アフタヌーンKC)
(2009/05/22)
木尾 士目

商品詳細を見る


ぢごぷり(2) <完> (アフタヌーンKC)ぢごぷり(2) <完> (アフタヌーンKC)
(2010/07/23)
木尾 士目

商品詳細を見る



いや、そんな生温いもんじゃないって。
作中にある「赤ちゃんを育てるってもっと幸せなことだと思ってた」という台詞が全て。
最後の方は綺麗にまとまっているが、そこに至るまでの子育てノイローゼ、子育て鬱こそが真髄ではなかろうか。


主人公の子に対する感情が怖い。
漫画とはいえ、作者の実体験を基にしている点を踏まえて母親怖い。
そして、これを乗り越えた女性というか母親が強いのは当たり前というかなんというか。


設定も特異。ハーレム系萌アニメのメインヒロインエンドのその後みたいな。
基本的には、母親、その妹、子供の3人。なぜ姉妹で子育てをしているかなどは語られないまま物語は進み、最後の方で色々と明らかになるが、そんな込み入った事情とかどうでも良くなる程怖い子育て記。


妊婦さんにはあまりオススメしたくない作品。

プロフィール

あかしあ

Author:あかしあ
本とか読む人。
あとはゲームやらしてます。

Twitter あかしあ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。