スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サクラダリセット4

刊行スペースはやいね!


サクラダリセット4  GOODBYE is not EASY WORD to SAY (角川スニーカー文庫)サクラダリセット4 GOODBYE is not EASY WORD to SAY (角川スニーカー文庫)
(2010/11/30)
河野 裕

商品詳細を見る



今回は短編集+サクラダリセットに関係ない短編1本。
今までの、というか1巻のサブキャラが活躍? 七尾盛夏、皆実未来などが出てきます。
七尾は以前の友達作ったら? の複線回収が良かった。
春埼さんがより深く描かれてて、素敵。


あとは、今後活躍しそうなチョコレートさんの登場か。凄い能力を持ってるぽいけど、さっぱり分からん。今後に期待。


短編のホワイトパズルも時間系の短編。
短いけいれど綺麗に纏まってて、改めて面白い書き手だと再認識。


本編の合間に短編集とかでキャラクタに深みを持たせるのは大好きですよ!
スポンサーサイト

鏡の迷宮、白い蝶

今年ももう終わりです。
仕事も納めましたし、冬期休暇中に少しばかり積本消化。


鏡の迷宮、白い蝶 (創元推理文庫)鏡の迷宮、白い蝶 (創元推理文庫)
(2010/11/27)
谷原 秋桜子

商品詳細を見る



激アルバイター・美波の事件簿シリーズの前日譚第2弾。
五つの短編を美波・直海コンビと修矢・かのこコンビが持ってくる、日常の謎を水島のおじいちゃんが解き明かすという青春ミステリ。
本編では既に亡くなっている水島のおじいちゃんが大活躍である。しかし、前日譚でも既に死期を悟っている様子。


ミステリ部分は実を言うとあんまりピンと来ない。
読了後思い返すと、結構行き当たりばったりな部分や、なんでそんなことしたのー? って部分が多少見つかる。
ただ、煮物の味がおかしい理由やらを取り上げるあたりが、いかにもな日常の謎系で好感が持てます。


1つ前の章のキーワードを次の章の冒頭に持ってくることで、次の話にスッと入っていけました。
まだ出会ってないキャラクタが同じ話をしてるみたいで、すこし愉快。


また、各人物の意外な繋がりが明らかにされます。
そろそろ相関図かなんか欲しいところ!

スペースプローブ

この人の本は大好きです。
神様のパズルは宇宙は作れるか?
メシアの処方箋は救世主は作れるか?
僕達の終末は恒星間宇宙船は作れるか?
パズルの軌跡は内宇宙の改造がどうちゃらこうちゃら。
神様のパラドックスは積んでます!

理系目線でのライトノベル風SF。
ラノベよりはしっかりしていて、普通の一般小説よりポップな丁度いい感じ。
今回はコチラ。


スペースプローブ (ハヤカワ文庫JA)スペースプローブ (ハヤカワ文庫JA)
(2010/06)
機本 伸司

商品詳細を見る




宇宙飛行士がカラオケボックスに集い、月計画にかわる“裏ミッション”の実行計画を練って、宇宙に飛び出す話。
動機やノリが高校生の文化祭みたいな感じですね。宇宙飛行士がこんなんでいいのかなー。
実行計画の甘さもさることながら、宇宙に出ても結構各々が好き勝手で、強引な展開も見受けられます。しかし、めくるページが止まらなかったのも事実。
主人公とヒロインの諍いで、互いの信念、生き様に迫る場面や、主人公の仮説にて地球外知的生命体の存在、そしてそれらの目的などを伝承を絡ませながら紐解いていくあたりはドキドキしてしまいました。


神様、メシア、僕達に比べるとやや劣るようには感じられたけれど、十分楽しめる一冊でした。

ソラニン

平日昼間からブログ更新とかあれですよね。楽しいですね。
普通に風邪ひいちゃっただけなんですけどね。


平日に休んだらモンハンしまくりだし! と鼻息荒く語っていたのですが、実際病んでみるとゲームなんかやってられないですよね。PCもだるいいいい。
じゃあ、何してたかって? 友達に借りたこれ読んでました。

ソラニン 1 (ヤングサンデーコミックス)ソラニン 1 (ヤングサンデーコミックス)
(2005/12/05)
浅野 いにお

商品詳細を見る

ソラニン 2 (ヤングサンデーコミックス)ソラニン 2 (ヤングサンデーコミックス)
(2006/05/02)
浅野 いにお

商品詳細を見る



ソラニンって忍者が出てくる話と思ってました。ジャガイモの芽のソラニンでしたね。
なんの予備知識もなく読んだんで、1巻の終わり~2巻の最初くらいでびっくりしました。


テーマはそのまんまソラニンの歌詞で言ってた事でしょうか。
ゆるい幸せがだらっと続いたら、1日1日の負の蓄積は気づかない位に微小かもしれない。
でも、そのまんまほっといたら、ジャガイモのように毒性の芽が出てしまう、日常が悪い方向に行ってしまうってとこでしょうか。
悪くなってしまったらどうするか。流れに沿ってがんばるしかないすでよね。
それが普通で、そんな普通のことを描いているのに、驚くぐらい魅力的。
登場人物も普通の人たちばかりなのに、時々、かっこよく、かわいく見えるのは、物語に入り込みすぎていた自分に魔法がかかっていたのでしょうかってぐらいに不思議。


あとは舞台が近所なのが好感持てた。和泉多摩川で、最後は登戸に引っ越すのかな。

モンスターハンターポータブル 3rd

まぁ、買うよねー。


モンスターハンターポータブル 3rdモンスターハンターポータブル 3rd
(2010/12/01)
Sony PSP

商品詳細を見る



会社もあるのでのんびりやってます。
村が☆3まで。
集会場は同期に付き合って何クエか。


モンハンはP2Gで始めたんですけど、当時予備知識が一切無かった私は、テクニカルそうな狩猟笛を選びまして。
あ、これソロ向きじゃないって気づいたときにはもう既にG級でしたっていう経歴を持っています。
村のモンスターハンターはもちろん、ウカムやらマガティガなど一通りソロでやったんで、P3も余裕かなーって思ってたんですけど、今回は武器が全体的にアッパー調整くらってるみたいで、笛も大幅に変わってます。まだ抜刀攻撃に慣れない。でも、殴りながら吹けるのは楽しい。



あとはガンランスやらヘビィをサブ武器にしてるので、そちらもちょろちょろやってきたいなー。

プロフィール

あかしあ

Author:あかしあ
本とか読む人。
あとはゲームやらしてます。

Twitter あかしあ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。