ICO

この人の手を離さない。僕の魂ごと離してしまう気がするから。

ICO-霧の城-(上) (講談社文庫)ICO-霧の城-(上) (講談社文庫)
(2010/11/12)
宮部 みゆき

商品詳細を見る



ICO-霧の城-(下) (講談社文庫)ICO-霧の城-(下) (講談社文庫)
(2010/11/12)
宮部 みゆき

商品詳細を見る




ゲームのノベライズです。だいぶ前にハードカバーで出た本の文庫版。
ICOのレヴューっーか感想です。


特にストーリーも語られず、言語が違い、会話ができない女の子の手をとって城から連れ出そうとする異色なアクションゲーム。
なぜ少女が城に幽閉されていたのか? なぜ向かう先々で黒い影が出てきて少女をさらおうとするのか? なぜ城に生贄が連れてこられるのか? 女王とはいったい何者なのか?
何ひとつ語られないまま、ゲームは進み、そのまま終わります。


さて、今回の文庫版ICOを読んだわけですが、流石人気作家。
文章は読みやすく、描写も力はいってます。この場所通ったよ! って原作やった人なら盛り上がれる箇所が多々あります。風車とかね。
ゲームで語られなかった上記の疑問もすっかり氷解。
小説としては非常に面白かった。


でもね、原作やった人は読み終わった後、違和感があったはず。
ICOは物語が無かった。
各々が脳内で補完しなくちゃいけなかった。そこが、すばらしかった。
宮部みゆきの中では、この物語だった。それだけの話。
小説としては素晴らしかったが、やはりICOとしては少し不満。



何も知らず、なぜ城に生贄として連れてこられたかも分からず、言葉も通じない女の子の手を引っ張りながら見知らぬ城を歩くあの心細さ。
少し目を放した隙に連れ去れてしまうヨルダを置いて、遠くに行くときの心細さ。
不安で強く手を握っていたはずが、漠然と城を進むうちに、暖かな強さへと変わっていく。


ヨルダの過去や、女王、外の世界の思惑も何もなく、ただこの女の子を守りたい。それだけの純粋な気持ちで、私は城を抜け出した。それだけで私のICOは十分だった。
スポンサーサイト

なるたる

大人のためのメルヘン、最初はそんな感じの話だったんですけどね。
むかーし人に借りて読んで、5年ほど探してついに購入しました。大人買いだぜ、えへへ。


なるたる 全12巻 完結コミックセット(アフタヌーンKC )なるたる 全12巻 完結コミックセット(アフタヌーンKC )
(2010/01)
鬼頭 莫宏

商品詳細を見る



偶数の巻の悲劇と言われるほどに、2冊に1事件が起きる物語。
人がグチャッとなったり、ビリッとされたりしても平気な人向けの漫画じゃなかろうか。
1巻の表紙はこんなにも希望に溢れていそうなのに。


絵はかなり繊細、男女共に華奢な体系が特徴。
竜のデザインは独創的で、非常にハイセンス。特にのり夫のヴァギナデンタータの中の胎児は鳥肌たった。
各キャラクタの動機やら行動についての説明があんまり無くて、キャラクタの表情、暗示的な描写などから読み手が色々推測したり、考えたりするようにつくられている。読み手によって解釈はご自由に、といったところ。


物語としては、スタンドみたいな生き物(竜の子)とであった少女が仲間と出会い、敵と戦ってーみたいな話であったが、読み進めていくうちに複雑な人間関係、特にいじめ問題や家族(親子?)のあり方へとシフトしていく。
また、登場人物の死亡率が異様に高く、死者の家族、周り人間のその後についても克明に描かれている。





そんなメッセージ性の強い鬱物語ですが、締めの一言も衝撃的。
「命は代替がきくから命たりえるんだから」
巻末の言葉も合わせて考えるに、かけがえの無い命なんて物はたいした物じゃなく、あなたの代わりが務まる人は大勢いますよってこと。
命というか、種としてはそれが正しい。生まれて、子孫を残して、死んでいくのだから代替がきかなきゃ問題だもの。


自分も絶え間なく動く生命円環の中の1つの命で、他の命とぐるぐる廻っています。
居なくなったら居なくなったで、他の誰かが替わってくれるんだから、もっと肩肘張らず好きなように頑張ろう、と思うのでした。

はじめての時雨

DISC UNIONに行くと、こちらのCDがポイッって置いてあったんで、すかさず買って来ました。


#4#4
(2005/11/09)
凛として時雨

商品詳細を見る



Inspiration is DEADInspiration is DEAD
(2007/08/22)
凛として時雨

商品詳細を見る



先週かな?
友達に飲みに誘われまして、飲んだ流れでカラオケに行ってきました。
カラオケ自体は好きなんですけど、会社の同期たちとは音楽の趣味がさっぱり合わないんですよ。
今回のこの友達は音楽の趣味が結構被っていて、久々に楽しかったです。
向こうは、相対性理論、ザ・バックホーン、cali≠gariを歌ってたんですが、突如、「高すぎて歌えないかもだけど」と、凛として時雨の曲を入れました。


衝撃的でした。
日本にまだこんなバンドが残っていたなんて。
カラオケ終わって、家でyoutubeで何曲か聞いて、大ハマリしてしまいました。


鋭いギターに、力強いベース、手数の多いドラムに男女のツインハイトーンヴォーカル。
ヒステリックな音で疾走する感じが堪らない。
曲の構成やらも転調したり、サビが二段階? あったりで作りこまれてる感じがする。


何より、一回聴いてカッコイイと感じられる曲が多かった。私にとっての音楽の評価なんて、それで十分かな。
他のアルバムも買い集めたいです。

キノの旅XIV

キノ十周年おめでとう!
そうですね、1巻読んだとき、私まだ中学生でしたものね。
2巻の優しい国がピークとか言ってごめんなさい。中だるみしてたと感じてたときもあるけれど、高品質の短編を継続して書き続けられるのは素晴らしいと思います。


キノの旅 14―the Beautiful World (電撃文庫 し 8-33)キノの旅 14―the Beautiful World (電撃文庫 し 8-33)
(2010/10)
時雨沢 恵一

商品詳細を見る



気になった話ごとに感想。
ナチュラルにネタバレ飛び出しますよ、ご注意を。




「呟きの国」

ツイッターなの?
なんか前に似たような機械がでてきたよね。
大人子供で戦争してるかと思ったら男女の戦争みたいですね。
個人的に今巻のベスト。


「規制の国」「差別をする国」

ありがちな掌編。タイトルからオチが見える。


「正しい国」
WAR=「W」e 「A」re 「R」ight!
英タイトルはいつも正鵠を得てて、訳すのが楽しい。
発想は上記の規制、差別とさして変わらないが、物語をくっつけるだけで輝いて見るから不思議。


「朝日の中で」

英タイトルのdawnの意味が分からない。
エルメスの「でもさ――」が気になる所。
サングラスかけてちゃ、朝日の色が見えないよー? 的なことと勝手に解釈。



あとがき。
隙を生じぬ二段構え。普通のあとがきだよって思った結果がカバー裏だよ!

メテオとクリスマスツリー

寒くなってきましたね。
先週末、ちょうど定期が切れてたのを思い出して、夕方に慌てて駅前まで買いに行きました。

IMG_0001_20111222005547.jpg

近状の工事現場。
職業柄工事現場には興味津々です。


IMG_0002_20111222005547.jpg

同じく工事現場を撮っていたら!
メーテーオー! ただの飛行機雲です。

ディープインパクトにこんなシーンありましたね。


IMG_0003_20111222005546.jpg



駅前には早くもクリスマスツリーが飾られてました。
どう頑張ろうと、今年もクリスマスは通常勤務です。爆発しろ。

プロフィール

あかしあ

Author:あかしあ
本とか読む人。
あとはゲームやらしてます。

Twitter あかしあ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム