スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年 面白かったボードゲーム

2017年に遊んで面白かったゲームを重量で分け、それぞれにTOP3を発表します。
2017年の新作とは限りませんのでご注意を。あくまであかしあが2017年に初めて触れたゲームです。
それじゃあ、レッツゴー。



軽量級(~30分)

1位 ハーフパイントヒーローズ

フリーゼじゃない!!!!
ツイートでも述べているようにビッドをしてポーカーを行う。
手札を評価して何回勝てるかの予想と、無理なビッドをしてそうな人を予想。予想する楽しさと当てた時の快感がたまらない。
ビッド外しても勝ち続ければそれはそれで点数になるのも良い。
スコアを計算せずにダラダラやっても楽しい。





2位 ケルトダイス

ケルトのカードプレイをダイスに置き換えてカジュアル感アップ。
簡単ルールで盤面の楽しさはそのまま。手札がいつの間にか減ってる現象もなし。
裏面が特にいい。適度にマス目が塞がっており、悩ましさを加速させている。
箱が立方体で持ち運びがちょっとめんどくさい。





3位 キングドミノ

手番と獲得タイルの品質が相反するように出来ているため、分かりやすいジレンマがいきなり襲ってくる。
ドミノということで1タイルに2つの属性があるため、各々の欲しいタイルが被りやすいのも面白い。
奇麗に作れると本当に気持ちいいが、うっかり1タイルくらい駄目にしちゃいがち。
後継作のクイーンドミノもまたいい。






中量級(30~90分くらい)

1位 フレッシュフィッシュ

握り競りで、より良い位置を落とす。
あらかじめここに建てたいなーってのを予約していくのだが、区切られたエリアに規定数の建物が出来ると予約が取り消しになる。それを見越して邪魔するためにどうでもいい建物を作るのが面白い。
また、最後に裏技っぽい動きで逆転ができるかもしれない。そんなのアリかよ!? って感じがフリーゼ。





2位 スパイリウム

イスタリの名作、ケイラスのアティア・ウィリアムが作った中量級ワーカープレイス。
3×3にカードを並べ、そのカードの間にワーカーを置いていく。
ワーカーを置くフェイズと抜くフェイズに分かれるが、そのタイミングをプレイヤーの判断で切り替えられるという点が素晴らしい。
早くアクションを打ちたければアクション数が減り、アクション数を増やしたければ好きなアクションが打てない可能性が出てくるというわけだ。
また、対象のカードの周りのワーカー数により獲得資金数や購入資金数が変動するというのも非常に効いている。
今年1回しか遊べなかったのがもったいない。





3位 アイル・オブ・スカイ

飛ぶ鳥落としまくってるプフィスター君のタイル配置ゲーム。
土地タイルを袋から引いて値付けをし、買ってもらったり買ったりで金と土地タイルを獲得。
大きな得点条件は4種あり、それがラウンド毎にばらばらとやってくる。
条件タイルは結構たくさんあるので、ゲームごとに集めたい土地タイルが変わる。
1人のプレイヤーの土地タイルを集中的に買うとそのプレイヤーが死ぬ! 気を付けよう!






重量級(90分~)

1位 テラミスティカ:ガイアプロジェクト

テラミティカの後継作。舞台は宇宙へ。
拡大再生産に陣取り、マジョリティ、リソース管理、行動順番管理、ワーカープレイス。大好きがたくさん詰まっている。
個人ボードも14種類あり、それぞれ能力が異なるためリプレイ性も高い。
テラミティカより色々マイルドになっているのは今風に寄せたか。





2位 テラミティカ

そのテラミティカも今年初プレイでした。
ガイアよりも陣取りがきっつきつであるため、序盤で死ぬ人は死ぬ。
種族にもよるが、あの恩恵タイルの枚数関連で後手番がやや不利か。
拡張の種族などを遊びつくしたとは言えないので、まだまだやり込みたいタイトル。





3位 グレート・ウエスタン・トレイル

プフィスター君の重いやつ。
デッキ構築しながらロンデルも構築し手札マネジメント。
要素はすごく多いのにサクサク進むのは1手当たりで出来ることが限られているせいか。
様々な戦法があるが、出てくるおじさん、獲得したおじさん次第である。うまく乗り越していこう。






2017年は、ボードゲームのプレイ環境が変化し、重いゲームを繰り返し遊べてとても満足しております。
引き継いだゲーム会もたぶん盛況なのでありがたい限りです。

来年もまた遊びましょう。
スポンサーサイト

インスタ映えするボードゲーム

この記事は、私もちょっとくらいカレンダーに関わりたいわと急遽参加表明したボドゲ紹介02 Advent Calendar 2017 - Adventar の15日目の記事です。
見ての通りガラガラですね。きっと01に比べても言うほど注目されて無いと思うので、好き勝手書いていこうと思います。



2017年いかがでしたか? インスタ映えした? え、してないの?
おっくっれってるーーーーーーーーー!!!
ということで、インスタ映えするゲーム特集です(自然な導入)



そもそもインスタ映えってなんなんでしょうか。
適当にググったところ、インスタでいいねを貰いやすいフォトジェニックな写真とのこと。
フォトジェニックってなんだよ。これも調べてみたところ、写真映えとか書いてあります。なんだこれ堂々巡りか。
まぁ、ようはツイッターとかに乗っけるとふぁぼってもらえそうな感じの写真ね。あー、完全に理解したわ。



①ぱっと見がカラフル


やはり色彩が多いと写真的には賑やかになりますね。
下記の写真はマルコポーロの旅路です。このゲームは、プレイヤーが操るダイスや資材がビビット気味であるため妙にカラフルになります。ボードそのものは茶色メインなんですが、水辺の青も主張し、暗くなりすぎない感じがいいですね。
ぼくこれ持ってないんですけど、3個分資材がもう1回り大きくなったら買うと思います。


IMG_20160922_163728.jpg


②立体的である

やはりのっぺりとした平面ボードのゲームや、カードゲームはそこまで映えません。時代は3Dですよ。
下の写真は火と炎。トングで具材を乗せ、焼いていく。カラフルなうえに立体! 
さらにはインスト聞かなくても何となくのルールはわかってしまいそうな感じの見た目。そうです、大体思った通りのルールだと思います。
見るだけで楽しさが伝わるような、良い意味でプリミティブな感じのゲームは写真映えします。
こういうのって大体カラフルだし。
僕このゲーム持ってないんですけど、かなりやり込みましたね。挑戦者求む。

KIMG1524.jpg


③コンポーネントがすごい

妙に凝ってるコンポーネントは、写真でも妙に際立ちます。ツォルキンの歯車とか回してみたくなる。
下記の写真はキャッシュアンドガンズ。うる星やつらの錯乱坊を彷彿とさせるようなクトゥルフに銃器。
スポンジの銃をかっこよく構えるゲームです。どう? 構えたくならない?
僕このゲーム持ってないんですけど、全プレイヤーから銃を突きつけられて以来やってないですね。

KIMG2206.jpg



いかがでしたでしょうか。色々あげるとキリがないのでいったんここで切ります。
インスタ映えっていうのはどうでもいいとしても、お気に入りのゲームをかっこよく写真撮ってSNSに乗せる事ができると、見知らぬ誰かが興味もってくれるかも知れませんしね。そうやって地味にでも布教できるといいですね。




というわけで、みんなハムスターロールしようぜ。
もちろん持ってません。

KIMG1574_20171214010354b5a.jpg

4/1 遊ぶ会のトリックテイキングゲーム会 報告書

4/1ですが、とある事情でロシアにて鉄道を引きまく用事がありました。

しかし、その日には私が所属する遊ぶ会のボードゲーム会、それもトリックテイキング会も予定されていました。
とても行きたい。トリックを取りたい。しかし、ロシアの地にも鉄道を引きたい。

迷いに迷った結果、断腸の思いであかしあはロシアへと飛び立っていきました。
でもやっぱり、トリックテイキング会の様子もちょっとは知りたい! という事で旧友のスカルキングさんにお願いして、私の代わりにトリテ会に行ってもらいました!
今日はその報告書を転載したいと思います!



わしじゃ。スカルキングじゃ。
トリックテイキング会に行ってきたぞい。会場にはほぼ最初から最後までいたぞい。


・エウレカ

IMG_20170401_102359.png

開幕は人がこなかったのでアクションゲームじゃ!
良い感じに脳がフル回転するぞい!

・ラミィキューブ

まだ準備体操じゃ!
組み換えが楽しいラミーゲームじゃ。

・オクラコーク

IMG_20170401_120656.png

ゴーアウト系のトリックテイキングじゃ。
手札4枚を早く無くさねばならんが、特定のカードをトリックで取ってないとチキンと蔑まれる恐ろしいゲームじゃ!
リードスートをフォロー出来ないと山札から1枚手札に加えるので割と運任せな部分もあるが、その分カジュアルに楽しめるぞい。

・ペッパー

IMG_20170401_130417.png

5人でプレイじゃ。
取っちゃいけない系のトリテじゃな。ペッパーカードを取りたくないんじゃが、奴らのランクは1じゃ。
うっかりしとるとあっという間にペッパー長者じゃぞ……。
今回わしは3ディールやって0点じゃった。一方で2代目トリテ王はといえば……。やれやれじゃ。


・キャンセレーションブラックレディ

人がいっぱいになったので、パーティ系のトリックテイキングじゃ。
基本的にはハーツなんじゃが、トランプを2セット使うんじゃ。そして、同じカードが同トリックに出たら、そのカードはキャンセルされて、トリックに勝てなくなってしまうんじゃ。
余裕こいて、スペードのJを出してたら、スペードのQが2枚飛び出してきて……。そういうゲームじゃ。
2ディールやったが、東京から来た方にやたらスペードQが飛んでいっておったのぅ。


・てづま師

IMG_20170401_144915.png

オーソドックスなマストフォローのトリテじゃ。
しかし、独特なのはトリックの前のドラフトじゃ。
点数表、自らのマイナススート、そして特殊能力を1枚ずつドラフトしてからゲームを始めるぞい。
得点表は、露骨に強いのがあったり、特殊能力はランクや切り札を操作したりできるぞい。
自らの手札と相談しながら最適なカードをゲットできれば勝利は近いぞ!


・スカルキング

IMG_20170401_151201.png

わしじゃ。
もちろんわしの勝利じゃ。
ビッド系のマストフォローじゃ。特殊能力が分かりやすいので誰でも割と予想を立てやすいぞい!
ヨーホーホー!!!


・トランプ・トリック・ゲーム

IMG_20170401_153625.png

全部で4ラウンド行うんじゃが、1~3ディールは3トリックまでしか取れんぞい。
というのも、トリックで取ったカードがそのまま次のディールの手札になるんじゃ。
枚ラウンド毎に切り札が変わる故に、手札を追うか、それともその場で点を得るか。非常に悩ましいゲームじゃ。
ただ、4ディール目の蛇足感が否めんのう……。


・ヴァス・シュティッヒ

IMG_20170401_163613.png

手札をドラフトしながら作ってトリックテイキングじゃ。
切札は親しか知らんが、ドラフト中にカードを取った順番でトリックテイキングをしたら誰が勝つのかを毎回発表するぞい。それで切り札を想定しながら手札を構築していくんじゃ。
その後、子は目標タイル(これもゲーム開始前にドラフトじゃ)を選択し、それを目指す。親は、子が提示した目標のいずれかを目指すんじゃが、子がそのタイルを失敗していなければ親はクリアできないんじゃ。

ドラフト時点から色々とドラマが生まれる、いいゲームじゃ。


・Aコードで行こう

IMG_20170401_171221.png

ジャズをモチーフにしたトリテじゃ。
ランクの強弱がコロコロ変わる点とそのトリックを1回無効化して、2週目を行うのが特徴なんじゃが……。発動条件が似ておって微妙に分かりづらいのぅ。
ランクが変わるのを見越して、同ランクをたくさん取っておくと割とトリックが取りやすいぞい。まぁ、無効化されがちなんじゃが。その辺りは何となくごいたを彷彿とさせるのぉ。


・ジュピターのもとに

IMG_20170401_181602.png


名作じゃ。
裏向き一斉公開で切札カラーを決定し、そのカードをそのまま狙うビッド数のとこに置くんじゃ。
ビッド的中でそのカードを貰い、ランク数をそのまま点とするんじゃが、そのビッドは誰でも狙えるんじゃ。
誰かが高ランクのカードを捧げると全員がそこを目がけて突っ込んでくる感じが、新鮮だったぞい。
もちろん、置いた人間が優遇されるようなシステムや、そのリスクもきちんとあったりとして納得のいくシステムじゃ。

日本では手に入りづらいかも知らんが、見かけたら1度遊んでみるんじゃ。絶妙じゃ!


・ダイヤモンド

IMG_20170401_191434.png

今回は完全なダイヤモンドという配り切りのルールで遊んだぞい。
フォロー出来ないとき、あるいはトリックを取った時に出したスートのアクションを取れるぞい。
また、ディール後に最も多くそのスートを獲得し他プレイヤーはそのアクションをもう1回、0トリックのプレイヤーは強めのアクションを2回取れるんじゃ。
共通の場、自分の場、自分の貯蔵庫とあり、そこの宝石を動かしていくんじゃが、ノートランプ故に1人が長いスートを走りだすと辛いものがあるのぉ。
うーん。何とも言えんのじゃ。

・コルージョン

トランプのトリックテイキングじゃ。ノートランプ・マストフォローじゃ。
2人同トリックだと互いに10点。
3人同トリックだと、そうじゃない人が30点。
バラバラだと、最小トリックの人が20点。
そして、最大のポイントは何を話してもいいということじゃ。これでリードしてくれ! とか、このスートはあといくつじゃ!
みたいなことを「談合」しながら勝ち抜ける、なんとも大人なトリックテイキングゲームじゃよ。


・潜乳BREAKERS

大きい方が強いんじゃ。


・ジキルとハイド

IMG_20170401_151201.png

ペアのトリックテイキング? じゃ。2スートしかないぞ。
自分の番に出来ることは、自分で自分の陣営のカード出すか、他人に自分の陣営のカード出して貰うか、だけじゃ。
これだけなのに非常に濃密な駆け引きが楽しめるぞい。
これも名作じゃ。


こんなもんかの。
まぁ、スカルキング面目も保たれたし、よい集いじゃったよ。
じゃあ、また次のトリテ会でな。ヨーホーホー!



なるほど、やはり面白そうなゲーム会だったようですね。
僕の方は、白い線路をひたすらに伸ばしておりました。ロシアは寒いよ。

GO GO GO

かつて、紹介した手札分割トリテを Trick Taking Partyゲーム賞 に応募しました! その名も「GO GO GO」です。


本作品は、15トリックの手札を5トリックずつに分けるトリックテイキングです。
分け方の基準となるは、ボードに書いてある目標ビッド数です。
目標によっては、隣人が敵にも味方にもなるでしょう。
敵も味方も巻き込みながら、目指すは栄光の5トリック!

GO! GO! 5!




GO GO GO ルール

GO GO GO 表

トリテを作っている話




本記事は、Trick-taking games Advent Calendar 2016の12月20日の記事として書かれました。

昨日は、S. Andoさんの自作トリテ、「トリッキーエクスプレス」のルール公開でした。
トリックとトリックの間が空けば空くほど点数が伸びるという斬新なルールです。ぜひ、遊んでみたいですね。



・はじめに
こんにちは。あかしあと言います。「ゆるあ~と」というサークルでボードーゲームを作っています。
今回は、Trick Taking Party様主催のTrick Taking Partyゲーム賞に応募するために制作中のゲームと、その過程で学んだことなどを書いていきたいと思います。


・運要素を減らしちゃお
というのが、今回のコンセプトでした。
通常、トリックテイキングは手札運を均すためにディール数を多く設けます。
けれども、私が参加する集まりではあまりフルゲームで遊びません。何となくふわっと1~2ディールやって、はい次のボードゲームとなることが多いのです。
これでは、手札運の強いカードゲームという印象が残ってしまいます(自分もかつてそうでした)

そんなときに出逢ったのが、送料無料のために数合わせで買い、積みっぱなしだった「スカルキング」です。
このゲームは、ディール数分だけ手札が増えていくという構造上、割とみんな付き合ってくれるのですが(それでも、3-5-7-9と省略して遊ぶことが多いですが)、それ以上に衝撃的だったのが「ビッド」です。
手札を評価し、それに見合った目標を定めて、そこに向かって行く。これであれば手札がどうあれ関係ありません。ディール数も少なくて良いように思えます。これは、実力が反映されやすいぞと自分の中では専らの評判でした。

このあたりのビッドのお話は15日のカズマさんの記事が詳しいですね。非常に勉強になりました。


・分けちゃお
というわけで、運要素を減らすにあたりビッド以外に何かしら手段はないかと色々考えることに。
考えてもさっぱりだったのですが、ある日、全然別のシステムを考えている最中に急に降りてきました。手札を分割すればいいじゃん、と。
トリックを取ることを目的とした場合に、手札の強い弱いは手札に対して切り札やハイカードが何枚あるかで判断します。
であれば、手札を、分母を減らせば意図的に手札の強弱を決定することができます。
現状考えているルールを例にとると、全15トリックを事前に分けておいた5枚・5枚・5枚の手札でプレイします。
最初に配られた15枚の手札に切り札やハイカードが少なくても、それらをどこかに集中すれば、その5トリック分だけは強くなれるわけです。


・調整しちゃお
そんなわけで、この「手札分割」を用いたトリテを作成中です。
そもそも何を基準にカード分けるのか、遊んでいる時より分けてる時の方が楽しい気がするとか、他プレイヤーが選んだスートが分からないのでコントロール効かないとか、まだまだ課題は山済みですが年末年始で調整して、なんとか応募にこぎつけたい次第であります。以上。


では、よいお年と、トリックを!

プロフィール

あかしあ

Author:あかしあ
本とか読む人。
あとはゲームやらしてます。

Twitter あかしあ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。