スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荒木飛呂彦の漫画術

企業秘密を公にするのですから、僕にとっては、正直、不利益な本なのです。




荒木先生が送る漫画の描き方講座。
何で不利益な事してるかという、漫画界への恩返し的な感じだとか。

本内容はやはり漫画の描き方である。キャラクター、ストーリー、絵、世界観と説明されるのだが、基本的には「読者」に対してどのように漫画を見せるか、読ませるか、面白がらせるかという内容になる。
先生の実体験を交えながら、漫画家志望者たちへの道を示していく。そんな1冊。


また、漫画描かない人が読んでも得られるものは多々ある。見せ方、伝え方、盛り上げ方のノウハウがてんこもり。
弱点は、彼の著作のネタバレがちょいちょいある点かな。
スポンサーサイト

美女と竹林

ヒャッハー! 竹林だー!

美女と竹林 (光文社文庫)美女と竹林 (光文社文庫)
(2010/12/09)
森見 登美彦

商品詳細を見る



小説ではなくエッセイ。
竹好きが高じて、同僚の実家が所有する竹藪を整備することになった森見登美彦氏本人の体験談半分、妄想半分のなんとも不思議なエッセイ。
初期はなんやかんやで竹を切りに行くのだが、中盤以降は忙しかったんでしょうね。竹のお話や全く別の話を無理やり竹もしくは美女にこじつけてのらりくらりとかわしていくという不思議な展開。

でも、なんとなく竹藪に行きたくなりますね。タケノコも食べたいなー。

プロフィール

あかしあ

Author:あかしあ
本とか読む人。
あとはゲームやらしてます。

Twitter あかしあ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。