最上川製作振り返り

本記事は、ゲームマーケット2017春にてゆるあ~とが頒布しました「最上川」のあれやこれやです。



・着手

だいたい2017年の1月後半くらい。とりあえずゲムマには申し込んだけど、新作どうしようねーくらいからのスタート。
2016年秋は出店して無かったし、新作出さないと忘れられるよねーということで開発開始。

とはいうものの、時間もあまりない。ということで比較的軽めの小箱ゲームを目指す。
いったいどういう小箱ゲームが良い小箱ゲームなのかということで、小箱レビューの高評価記事を読みふける。

その結果、「選択肢は少なく」「ジレンマは分かりやすく」という方向性だけ先に決定。
更にゲムマでよく見かける「シンプルで奥の深い心理戦」的なものは俺自身が好まないので無しの方向で。
それならばと、自分なりのユーロゲームを目指すことに。



・アイデア出し

だいたいある日突然アイデアが降ってくるのでそれを待つ他ありません。
ゲーム制作とは祈りだ。


ただ、今回は前段でゆたかさんが作ったゲームに関して自分で放った言葉がトリガーに。
それは、「重いゲームをデフォルメするだけでは軽くならない」
自分で人に言っときながら、じゃあ、どーすんだよ! となっていたのですが、デフォルメじゃなくてフォーカスすればいいじゃんと思いついてから数時間でおおよそが出来上がりました。
ちなみに、フォーカスしたのは「ツォルキンの歯車が動いてコマが進むメカニクス」です。この時点ではそうだった。




・いくつもの頓挫と解決

最初は何かを自動的に進ませるための条件が酷かった。酷い運ゲーだった。
ここは色々と考えた結果、ロチェスタードラフトの後に残ったカードのスートとランクが、場に出ているカードに影響し前に進むとした。
そうですね、「十二季節の魔法使い」のダイスドラフト部分ですね。これがフォーカスです。


しかし、それでも1部のカードの進みが遅かった。
このカードを無理やり進ませるために、急にトリクックテイキングの要素をぶちこんだり(TTP賞の後遺症)とかした。本当に頭がどうかしてた。
結局、様々なアドバイスを頂いたうえで残ったドラフトで残ったカードの縦列を進ませるという形をとりました。問題を煩雑方向に解決してはいけない。


それでもまだなおカードの進みが遅かった。
そこで、カード予め1枚公開しておき、そのカードのスートとランクは必ず進むように調整。
おまけで次のラウンドのも公開に。これで進む速度は劇的に上がり、未来も多少見えるようになった。



あとは、得点形式か。3要素それぞれに得点トラックを与えた。満遍なくあげてもらうため、頭脳絶好調のような点数方式を考えたけど、上げたい所が思うように上がらない作りのため、普通の方式となりました。あれ? これケルトだ!
終了条件も勢いでケルトに寄せていきました。
あとは、先行者の足止めでコマ数を制限する仕組みを取り入れたり、弱いカードをとる行動を強化するためにカード獲得ボーナスを入れたり。



ここまででルール作りはほぼ終わり。
ここから、長くとも30分程度で、1人10手番弱を目指して終了条件と初期手札枚数を変えながら延々と一人回しで調整。



・フレーバー

完全にシステム先行ではありましたが、なんとなく舟渡し的な事をしている感じはしました。
作品名に数字を入れたがる病に羅漢しているため、「三途の川」か「四万十川」あたりを候補に。
しかし、三途の川はもちろん四万十川も舟運文化の資料があまり出てこない。
さて、困ったと思ってると毎週のように渡っている「最上川」に思い当りました。紅花だ!!!!
ただ、小箱ゲームのイメージとしてフレーバーには踏み込まないというのがあるので、かなり控えめにはなっています。

あと、得点表にお雛様的なものを備えたかったなーと後々思いました。

更には、やっぱユーロゲーム目指してるからね。タイトルはランドマーク名をドーンでしょ。


・コンポーネント類

カードについては、時間が無いので2枚だけで済ますことに。
メンバーのとのさんに頼みました。箱絵と舟だけ。作物アイコンも書いてくれました。
七日間や彼女が作ったラインスタンプのような可愛い絵の印象しかなかったのですが、想定していた渋い絵を仕上げてくれました。感謝しかない。
イラストレーター作業は、ゆたかさんや助っ人にお願いしました。こちらにも感謝しかない。

印刷はポプルスさんに頼みました。私のミスで1度データ差し替えがあったものの、予定納期よりも早めにあげてくれて本当に助かりました。今後もお世話になりたいと思います。



コマについては、アマゾンでそれっぽい木製ビーズを買いました。
平たいので重なるかなと思ったが、そんなこと無かったぜ。
チャイナ製かつ安価なので、品質は微妙、納品まで2週間といろいろあるので総合的には、うん、もういいかな……。



箱は市販の物に、キンコーズさんで刷った用紙をスプレー糊で貼りました(ゆたかさんが貼ってた)
箱の強度がとても怪しいです。カードをスリーブに入れても箱に収まるサイズって事しか考えてませんでした。



取説は、ワードとパワーポイントでがりがり作りました。取説本とゲムマカタログの記事、そして家中の取説を参考に。
それでもゆたかさんから山ほど指摘を受け、手直したそれもツイッター上で指摘を受けまくりでした。本当に感謝しかない。
印刷はプリントパックさん。GWも営業お疲れ様です……。



・所感

どれを取るか? どれを残すか? どこにコマを載せたいか? 乗せた舟はどうすれば進むか? 下家が取りそうなカードは?
これらを一手で解決していくというシンプルながらも悩みどころのあるゲームになったと思っています。
また、ゲームが進行すると他人がコマを載せている舟を進ませないようになど、同じ選択でも違った意味を持つ状況が生まれたりする点や呉越同舟みたく他プレイヤーと共同して舟を進ませたり、最後にマジョリティ争いで裏切ったりできる点は良くできたなーって感じですね。



頒布数があれなんで、あまり見かけないかとは思いますが、見かけたらよろしくな! 面白いよ! 地味だけど!
スポンサーサイト

2017年ボードゲーム購入記録

2017年に購入したゲーム達
まだまだ増えます。


ラ・グランハ
農業と見せかけた出荷ゲー。カードの使い方が面白い。もっとやりたい。 


ドミニオン 帝国
3つの新要素で属州以外のルートが照らされた。コンボゲーは加速し、属州は減らないため長引く。
でも、面白い。


海賊の宝島 オクラコーク
トリックテイキング風ゴーアウト。手軽で面白い。
ふんわりやると吉。


レイルロード・レボリューション
ソロプレイ感MAX。やりたいことが出来る。電信は神様です。
もっとやりたい。


ケルトダイス
ケルトのダイスリメイク。カードプレイをそぎ、得点ボードに特化。ダイスをじゃらりん。
手軽で面白い。


T.I.M.E ストーリーズ
マーシー事件
龍の預言

超楽しみです。積んでます。


フレッシュフィッシュ
競り、エリア確保、パズル、ちょっとだけ個人攻撃。
俺の苦手な要素が勢ぞろいしてるが、面白い。運もほどほど。


アンタークティカ
スーパーマジョリティ争い。積んでます。


クリスマスの12日
モノスートトリテ風ゴーアウト。スートでなく出し方をフォローする。
トリックを取った状態で出し切れないと上がれないのが良い。


ノートルダム17
フェルトのドラフトゲー。カットやキューブ管理が面白い。ネズミはきちんと駆除しようね。


ふるよに拡張
ハガネとチカゲのやつ。最速でチカゲに修正入ったようなので積んでます。


トロウジャン
何年か前の同人ゲーム。ルール読んで購入。積んでます。
プレイしました。3人戦。
トロイの木馬を仕込みながらのラミー系。最初にそれぞれ一枚裏向きにカードを伏せる。それがトロイの木馬。
上がった人のトロイの木馬カードが含まれるセットは失点となる。
5人とかでもう1度やりたい。


ドラゴンイヤー17
最悪逃れゲー。積んでます。


キングドミノ
簡単なタイル配置ゲーム。
タイル獲得ルールが、いつだかの狼と七日間のヴァリアントルールに似ている。積んでます。
2人戦を3回ほど。5×5だと出てこないタイルが多いため、7×7で。
シンプルに面白い。ドイツゲーム入門にうってつけと思います。


アイルオブスカイ
タイル配置ゲーム。タイルの値付けが面白い。海外版を1度遊ばせてもらった。積んでます。


ダイナスティ
誕生日プレゼントとして頂きました。ありがたや。政略結婚と分配がテーマ。積んでます。


ゴリ×夢中
宮城の楠本舗様が放つ2017ゲムマ春新作。
一足お先に入手しました。ガイスターの進化形です。ドラミングの連鎖が面白い。


サクラダリセットカードゲーム
原作のファンです。本ブログ最初のレビューがサクラダリセットの2巻でした。積んでます。

だがしかし(7) 働かないふたり 10

新展開!



ほたるがいなくなってから、シカダ商店は衰退していた。
復興を誓うも、最速で怪我をして入院する父。
こうしてココノツは、単独でシカダ商店を運営しようとするが、何と向かいにコンビニが……!
あと、ヒロイン不在を気にしてか、スーツに眼鏡のバイトも登場。

最近はお菓子紹介だけでなく物語もごりごり進めて来るね。


もうちょっとゆるこんでいこ~!



はたらかないまま10巻。
守の海外の話が好き。結論はやっぱりそこに落ち着くのか。
ユキちゃんの姉のアキも登場。武器の扱いにたけているが、やはりあの一族。
あとは、戸川さんの同人活動とか漫画いっぱい持ってる鈴木君とか、いい感じに心をひっかいてくるね。良い。

アイアムアヒーロー(22) アイアムアヒーロー in IBARAKI アイアムアヒーロー in NAGASAKI おとうふ次元 3 となりの関くん 10 チェックめいと!(1) 放課後プレイ High Heels 3





完結。



ついに完結。
ラストはまぁ、賛否両論ありすぎると思います。ありっちゃありだけど、少しもやっとしますね。
○○が少しかわいそうだったけど、まぁ、池袋では酷かったからね。


少年時代の負の連鎖はZQNパニックによって断ち切れるのか?
そこに未来はあるのだろうか?



アイアムアヒーロー地方都市番外編です。これは茨城。
両親を亡くし、親戚の家に引き取られた男の子が主人公。親戚からは鼻つまみ者にされ、幼なじみは不良となりいじめを受けている。友達は飼い犬だけ。

そんな中、例のDQNパンデミックが発生。家族や幼なじみが次々と感染していく。
極限状態での何とも言えない友情物語。



こんなヒロインなら俺は忠実に従います。



こちらは、長崎。
主人公は被害妄想マックスの高校中退カメラ小僧。
そして、ヒロインじゃなくてヒーローは、弓道女子高生。
長崎市街でDQNパニックが発生。女子高生に守られながらもカメラ小僧が逃げ込んだ先は軍艦島。
でも、軍艦島には既に何人かが逃げ込んで、国を築いていた。
そんな軍艦島国でも、なぜかZQNが入り込んでいて……。

ボーイミーツガール色の強い物語。
強い女子高生は好きですか? でも、アイアムアヒーローの女性陣大体強いよね。



人類の未来VS麻婆豆腐



こちらも完結。時空遭難者が過去(我々視点での現代)の文化や風習に戸惑うお話。
これは良い最終回じゃないでしょうか。進化した豆腐と淘汰された豆腐。
麻婆豆腐おいしいよね。


関くんお遊びで横井さん消失!?



授業中に遊ぶ漫画。ネタ詰まりで休載のようです。
今回はVRゲームや、村民ロールプレイ将棋、秘密基地作成など。
まぁ、うん。こんだけやればネタも尽きるよね。



世界のアナログゲームで遊ぼう。




ボードゲーム漫画です。
舞台は、ファンタジーの世界。勇者が魔王を倒しに行ったら、魔王がボードゲーマーで勇者を遊びに誘うというもの。
魔王に捕らわれたお姫さまや、魔王の配下の猫的なのも出てくる。

扱った作品は、ジェンガ、ワーバス、お姫様を助けるの誰だ、ペンギンパーティ、フリップフロップ、クロンダイク、スパイトアンドマリス、チャオチャオ。
初心者を沼に落としやすい系、もといルールが説明しやすく分かりやすい系が多いですね。
トランプゲームも扱ったりするのが好印象ですね。

猛獣使いがとてもかわいい。


最終巻!



放課後プレイが最後なのか High Heelsが最後なのか。Rの続きはあるのか。
内容はもうほぼイチャイチャだよ。ゲームの話もっとしろ。
格ゲーの対戦会はちょっとやりたいな。身内で気軽に煽りあいながらやる感じで。

4/1 遊ぶ会のトリックテイキングゲーム会 報告書

4/1ですが、とある事情でロシアにて鉄道を引きまく用事がありました。

しかし、その日には私が所属する遊ぶ会のボードゲーム会、それもトリックテイキング会も予定されていました。
とても行きたい。トリックを取りたい。しかし、ロシアの地にも鉄道を引きたい。

迷いに迷った結果、断腸の思いであかしあはロシアへと飛び立っていきました。
でもやっぱり、トリックテイキング会の様子もちょっとは知りたい! という事で旧友のスカルキングさんにお願いして、私の代わりにトリテ会に行ってもらいました!
今日はその報告書を転載したいと思います!



わしじゃ。スカルキングじゃ。
トリックテイキング会に行ってきたぞい。会場にはほぼ最初から最後までいたぞい。


・エウレカ

IMG_20170401_102359.png

開幕は人がこなかったのでアクションゲームじゃ!
良い感じに脳がフル回転するぞい!

・ラミィキューブ

まだ準備体操じゃ!
組み換えが楽しいラミーゲームじゃ。

・オクラコーク

IMG_20170401_120656.png

ゴーアウト系のトリックテイキングじゃ。
手札4枚を早く無くさねばならんが、特定のカードをトリックで取ってないとチキンと蔑まれる恐ろしいゲームじゃ!
リードスートをフォロー出来ないと山札から1枚手札に加えるので割と運任せな部分もあるが、その分カジュアルに楽しめるぞい。

・ペッパー

IMG_20170401_130417.png

5人でプレイじゃ。
取っちゃいけない系のトリテじゃな。ペッパーカードを取りたくないんじゃが、奴らのランクは1じゃ。
うっかりしとるとあっという間にペッパー長者じゃぞ……。
今回わしは3ディールやって0点じゃった。一方で2代目トリテ王はといえば……。やれやれじゃ。


・キャンセレーションブラックレディ

人がいっぱいになったので、パーティ系のトリックテイキングじゃ。
基本的にはハーツなんじゃが、トランプを2セット使うんじゃ。そして、同じカードが同トリックに出たら、そのカードはキャンセルされて、トリックに勝てなくなってしまうんじゃ。
余裕こいて、スペードのJを出してたら、スペードのQが2枚飛び出してきて……。そういうゲームじゃ。
2ディールやったが、東京から来た方にやたらスペードQが飛んでいっておったのぅ。


・てづま師

IMG_20170401_144915.png

オーソドックスなマストフォローのトリテじゃ。
しかし、独特なのはトリックの前のドラフトじゃ。
点数表、自らのマイナススート、そして特殊能力を1枚ずつドラフトしてからゲームを始めるぞい。
得点表は、露骨に強いのがあったり、特殊能力はランクや切り札を操作したりできるぞい。
自らの手札と相談しながら最適なカードをゲットできれば勝利は近いぞ!


・スカルキング

IMG_20170401_151201.png

わしじゃ。
もちろんわしの勝利じゃ。
ビッド系のマストフォローじゃ。特殊能力が分かりやすいので誰でも割と予想を立てやすいぞい!
ヨーホーホー!!!


・トランプ・トリック・ゲーム

IMG_20170401_153625.png

全部で4ラウンド行うんじゃが、1~3ディールは3トリックまでしか取れんぞい。
というのも、トリックで取ったカードがそのまま次のディールの手札になるんじゃ。
枚ラウンド毎に切り札が変わる故に、手札を追うか、それともその場で点を得るか。非常に悩ましいゲームじゃ。
ただ、4ディール目の蛇足感が否めんのう……。


・ヴァス・シュティッヒ

IMG_20170401_163613.png

手札をドラフトしながら作ってトリックテイキングじゃ。
切札は親しか知らんが、ドラフト中にカードを取った順番でトリックテイキングをしたら誰が勝つのかを毎回発表するぞい。それで切り札を想定しながら手札を構築していくんじゃ。
その後、子は目標タイル(これもゲーム開始前にドラフトじゃ)を選択し、それを目指す。親は、子が提示した目標のいずれかを目指すんじゃが、子がそのタイルを失敗していなければ親はクリアできないんじゃ。

ドラフト時点から色々とドラマが生まれる、いいゲームじゃ。


・Aコードで行こう

IMG_20170401_171221.png

ジャズをモチーフにしたトリテじゃ。
ランクの強弱がコロコロ変わる点とそのトリックを1回無効化して、2週目を行うのが特徴なんじゃが……。発動条件が似ておって微妙に分かりづらいのぅ。
ランクが変わるのを見越して、同ランクをたくさん取っておくと割とトリックが取りやすいぞい。まぁ、無効化されがちなんじゃが。その辺りは何となくごいたを彷彿とさせるのぉ。


・ジュピターのもとに

IMG_20170401_181602.png


名作じゃ。
裏向き一斉公開で切札カラーを決定し、そのカードをそのまま狙うビッド数のとこに置くんじゃ。
ビッド的中でそのカードを貰い、ランク数をそのまま点とするんじゃが、そのビッドは誰でも狙えるんじゃ。
誰かが高ランクのカードを捧げると全員がそこを目がけて突っ込んでくる感じが、新鮮だったぞい。
もちろん、置いた人間が優遇されるようなシステムや、そのリスクもきちんとあったりとして納得のいくシステムじゃ。

日本では手に入りづらいかも知らんが、見かけたら1度遊んでみるんじゃ。絶妙じゃ!


・ダイヤモンド

IMG_20170401_191434.png

今回は完全なダイヤモンドという配り切りのルールで遊んだぞい。
フォロー出来ないとき、あるいはトリックを取った時に出したスートのアクションを取れるぞい。
また、ディール後に最も多くそのスートを獲得し他プレイヤーはそのアクションをもう1回、0トリックのプレイヤーは強めのアクションを2回取れるんじゃ。
共通の場、自分の場、自分の貯蔵庫とあり、そこの宝石を動かしていくんじゃが、ノートランプ故に1人が長いスートを走りだすと辛いものがあるのぉ。
うーん。何とも言えんのじゃ。

・コルージョン

トランプのトリックテイキングじゃ。ノートランプ・マストフォローじゃ。
2人同トリックだと互いに10点。
3人同トリックだと、そうじゃない人が30点。
バラバラだと、最小トリックの人が20点。
そして、最大のポイントは何を話してもいいということじゃ。これでリードしてくれ! とか、このスートはあといくつじゃ!
みたいなことを「談合」しながら勝ち抜ける、なんとも大人なトリックテイキングゲームじゃよ。


・潜乳BREAKERS

大きい方が強いんじゃ。


・ジキルとハイド

IMG_20170401_151201.png

ペアのトリックテイキング? じゃ。2スートしかないぞ。
自分の番に出来ることは、自分で自分の陣営のカード出すか、他人に自分の陣営のカード出して貰うか、だけじゃ。
これだけなのに非常に濃密な駆け引きが楽しめるぞい。
これも名作じゃ。


こんなもんかの。
まぁ、スカルキング面目も保たれたし、よい集いじゃったよ。
じゃあ、また次のトリテ会でな。ヨーホーホー!



なるほど、やはり面白そうなゲーム会だったようですね。
僕の方は、白い線路をひたすらに伸ばしておりました。ロシアは寒いよ。

プロフィール

あかしあ

Author:あかしあ
本とか読む人。
あとはゲームやらしてます。

Twitter あかしあ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム