FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時をかける少女

待ってられない 未来がある




紺野真琴は男勝りな女子高生。男友達と野球したしながら高校2年の夏を過ごしている。
ある日、真琴は理科室で不審な影を追跡中に転倒し不思議な夢を見た。
友達に夢の話をするも一笑され、むくれつつ帰途につくのであったが、その帰り道に大変な事故にあってしまう。

しかし、死を覚悟した次の瞬間には少し前の時間に戻っていたのであった。




さわやかな青春劇をポップめのSF仕立てにしているので、とても見やすい。
後半の展開も分かりやすく、全体的に丸い感じ。
って、感じてしまうのはたぶんちょっと前にライフイズストレンジをやってしまったせい。


主人公と同じくらいの年の時に見ておけばよかったと思ったけど、公開当時でもうすでに大学生でしたね。惜しい。
スポンサーサイト

SING

それは、人生を変えるステージ




3Dアニメ映画。コメディ+ミュージカル的な。


バスター(コアラ)は売れない劇場のオーナー。起死回生の策として、優勝賞金1000ドルの歌唱オーディションを開催することにする。
しかし、事務員のミスで賞金は10万ドルとなり、町へ広まってしまう。


これらを受け取った大勢の中から選ばれたのは、主婦のロジータ(ブタ)、強盗団のボスの息子ジョニー(ゴリラ)、ストーリートミュージシャンのマイク(ネズミ)、彼氏とバンド組んでるアッシュ(ハリネズミ)、そして舞台係として採用されたミーナ(ゾウ)。
歌のレッスンを続け、舞台を目指すのだが、経営不振な劇場はもちろん、それぞれにも家庭の問題が多々あって、それが歌声に影響を及ぼし始めて……。



後半のライブが凄くいいんですよ。
特にゴリラとヤマアラシ。


ズートピアとまた別の雰囲気で楽しめるアニマルアニメです。

ライフ イズ ストレンジ

人生は選択肢だらけ でも もし 選び直すことができたら




・概要
目を覚ますと、マックスは見知らぬ場所にいた。暴風が吹き荒れており、歩くのがやっとだ。近くの灯台までなんとか上がりきると、遠くに巨大なハリケーンが見える。

そこでマックスは再度目を覚ます。そこは、彼女が通う学校であり、写真の授業中であった。

やけにリアルな夢を見たせいか妙にぼんやりとしている。目を覚まそうとトイレで顔を洗うことにした。

そんな中、とある男女がトイレに入ってくる。揉めているようだ。しばらく隠れたまま様子をうかがっていると、男が誤って女を銃殺してしまう。

ここで、マックスに不思議な力が宿る。それは、時を巻き戻す力。これを駆使して銃殺された女を救ったことから、マックスは不思議な事件に巻き込まれていく。


・システム
アドベンチャーゲーム。周囲を探索し、人と話しかけたり、オブジェクトを操作したり。

正しい行動をとると物語が進んでいく。

特徴的なのは、時を巻き戻す力。うっかり失言しても、時を巻き戻せばフォローが可能である。それどころか、相手の求める情報や回答などを知ったうえで時を遡上し、先回りすることでより良い状況に持っていくことができる。


・ストーリー
アメリカのドラマ的というか。ただ、システム的にも設定的にもありきたりな本作を非凡なものに押し上げているのは、間違いなく物語である。

本作は5章からなる。1章は顔見せ程度だが、2章からは次々と起こる状況の変化に巻き込まれてゲームに没入していく事となる。特に3章終盤から4章はじめ、ラストの展開が素晴らしい。


音楽
アメリカなのにめっちゃ情緒的な音楽が流れる。パンクスとかスケーターが出てくるのにパンキッシュな音楽は一切なし。

1章のOPとEDが名曲過ぎましたね。

1章OP To All Of You / Syd Matters


1章ED Obstacles / Syd matters





以降、ネタバレあり













































・未消化点
・ビクトリアの唐突なオタク疑惑。なんやあのフィギュア。

・寮の倉庫にあった女性雑誌とか女性もののスカーフは何? サミュエルのなの?

・ネイサンの部屋にもマックスの写真とかケイトの十字架とかあったけど、どういう心境でそれ飾ってたんだ?

まぁ、見てない選択肢のほうで語られてるかもしれませんが。


・ラスト
ゲーム中、凄まじくマックスに感情移入した。

その結果、ヒロインのクロエを何が何でも救わなければならないと思い、アルカディア・ベイを犠牲にしてクロエと共に町を去ることとなった。

これは別の未来のクロエの願いを聞き入れてしまったことも影響している。2度もクロエをこの手で殺すわけにはいかない。

最後にダイナーに全員集合して、マックスに生きたい生きたいと訴えかけてくる。しかし、そんな有象無象よりもクロエが遥かに大事な存在になっていた。最後あいつら一方的にわーわー言うだけだったし。ほんと、関係ないよ。





去り際にまた雪がちらついてる。

多分、異常気象や異常現象は収まらないのでしょう。クロエにも次々死が押し寄せるのでしょう。

その度に過去を改変して未来を捻じ曲げ、多くの人が犠牲になっていくのでしょう。

それでも、関係ないよとクロエを救い続けてほしい。たとえ、地球で最後の2人になったとしても。


タロスの原理

謎をすべて解いたら、永遠の命を授けよう。




・概要
目覚めた「私」は天から聞こえる「エロヒム」に従い、庭園の謎を解く。
エロヒムは言う。すべての謎が解けたら永遠の命を授けると。

その謎というのは、3Dパズルである。障害物を乗り越えせ、いくつものバリアを解除した先にある印章を集めることが本ゲームの目的となる。
この印章はいくつか同系統のものがあつまると新たなギミックが解放されたり、新たな場所へ行けたりもする。


・パズル
面白い。ポータルよりも歯ごたえがある。
光のラインを通したり、事前にプログラミングした自分と協力して道を切り開いたり。
特に秀逸なのが星集めである。通常の印章とは別にマップに星が隠されていることがある。通常の謎に+αで隠されているものもあれば、印章集めに使ったギミックをそれぞれ横断させるように活用して取得する星もある。
解き方の癖を覚えるまでに時間はかかるが、慣れればなんとか。
星は分かんないとほんと分かんないままのものもあるので、ネットに頼るのもいいんじゃないでしょうか。


・ストーリー
難解。というのも、得られる情報が割とふわっとしているため。
主な情報源は、エロヒムの天の声、各マップにあるパソコン端末に残っているアーカイブ、そしてとある女性の独白が認められた音声データ。これらを繋いでいくとなんとなく分かったような分からなかったような気になれる。
また、所々にQRコードが貼ってあり、他キャラクター?の感想などを読み取ることができる。


・遊び心
異様な量のイースターエッグが隠されている。
ぱっと見で良く分かんないものや、明らかにポータルやマインクラフトのアイテムが出てくる。急にサイケな空間に迷い込んだり、崖の裏に何かいたりする。




ポータル好きな人は、間違いなく楽しめると思います。
ぼんやりパズル解いてるだけで、脳が喜びまくりですよ。

帰ってきたヒトラー

21世紀の諸君、お待たせしました。




ドイツで作られてしまったブラック・コメディ映画。


あらすじとしては、自殺直前のヒトラーが現代に蘇るというもの。急に未来に飛ばされ、慌てるヒトラーであったが次第に現在のドイツの状況を把握し始め、様々な問題を憂い始める。
そんな彼が選んだ道は、ヒトラーのそっくりさん芸人として道化を演じてテレビに出ることであった。ジョークやユーモアを交えながらも、演説を行って徐々に民衆の心を掴んでいくが……。


コメディメインではない。ちょこちょこあるのだが。それ以上にメッセージ性の強い映画であった。
様々な問題の渦中にある民衆が強いカリスマ性を持つ指導者に出会ってしまったら、どうなるか。
なんというか、社会実験的な感じ。


というのも、作中でヒトラーが一般市民に色々質問する描写がいくつも挟まれる。これらはすべてアドリブであり、すなわちドキュメンタリーなのだ。カメラが回っているのにもかかわらず、移民についての不満をもりもり述べる。生の過激な意見をそのままお届けである。


今、ドイツで起こっている問題のいくつかは、日本でも起こっており、色々シンクロさせてしまう。そんな中、彼のような強すぎるカリスマ性を持った問題のある人物が現れたら―――。
みたいなことを考えてしまう映画。面白かった。



あと、色々な動画でおなじみの総統閣下はお怒りのやつ。あれのパロディが出てきましたね。わはは。

プロフィール

あかしあ

Author:あかしあ
本とか読む人。
あとはゲームやらしてます。

Twitter あかしあ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。